2分でわかるアメリカ

2016/07/23「お金持ちの掟126」トランプ・ブランドはいくら?

オハイオ州クリーブランドで開かれたアメリカ共和党の党大会が終了しました。最終日の21日夜、才色兼備の娘、イヴァンカさんの紹介で登場した大統領候補のドナルド・トランプ氏の演説は、アメリカの国益を最優先にする方針を明確にするものでした。人種問題、銃犯罪、テロ、失業問題など暗い社会問題を描いた演説は、1968年のリチャード・ニクソン氏以来の凄みがあったと評されました。

ところで、党大会の盛り上がりを演出したトランプの選挙事務所は、キャンペーンの中で、資産がTen Billion Dollars(100億ドル=約1兆600億円)を超える成功者とトランプ氏を紹介しています。

CNBCは、100億ドルという額について多くの疑問があると伝えました。

「ドナルド・トランプ」というブランドは、33億2000万ドル(約3519億円)の価値があると事務所は主張しています。Brand Financeの試算がその根拠。ブランド価値リストで最も高額なブランドはAppleで、1459億ドル(約15兆4673億円)の価値があるとしています。断トツのトップ。Google、Samsung、Amazon 、Microsoftが続きます。トランプ・ブランドは486位。アメリカで人気の高級スーパー、Whole Foodsの1つ下です。

一方、Bloombergは最近、トランプ・ブランドの価値は3500万ドル(約37億円)だと伝えました。ライセンス契約した時に支払う値段だとしています。

ブランドの価値は、値段があってないようなもの。Appleブランドが世界1位ということは理解できますが、1459億ドルというのは高過ぎる気がします。また、33億ドルと3500万ドルの2つのトランプ・ブランドの価値についても、100億ドルという資産額もよくわかりません。価値が高いことはわかりますが。

トランプ候補の昨夜の1時間を超える演説、その前のイヴァンカさんの演説は、いずれも強いインパクトを与えるものでした。ブランド価値がさらに上がったのではないかと思います。

来週は民主党の党大会。クリントン氏にスポットライトが当たります。ちなみに、クリントン選挙事務所は、クリントンのブランド価値を公表していません。

 
 [July 22, 2016]  No 031843456

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.16 更新政府閉鎖のネガティブ効果メキシコ国境の壁建設の予算をめぐるトランプ大統領と民主党の対立が続いています。解決に向かう兆候はまったくみられません。9つの省庁の予算が切れ、政府機関の約25%…
  • 2019.01.15 更新破たんした電力会社、どうなるカリフォルニアで起きた山火事をめぐり、一因をつくったとされる電力大手PG&Eが今月29日にチャプター11(日本の民事再生法に相当する連邦破産法第11条)の適用を…
  • 2019.01.12 更新お金持ちの掟:いまの時代の離婚アマゾン・ドット・コムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、25年連れ添ったマッケンジー夫人と離婚します。有名人の離婚がメディアを騒がすのはアメリカも日本も同じ…
  • 2019.01.11 更新経済好調でも売れないアメリカの店クリスマスの時期にニューヨークを訪れた際、人の多さに驚きました。広大な地域に人口が分散しているロサンゼルスから来たせいもあるかもしれません。それでも、あの混雑は…
  • 2019.01.10 更新驚くほど安定する人民元金融マーケットが不安定化する中、人民元は驚くほど安定している。ウォールストリートジャーナルが大きく報じました。現在の対米ドル相場は、3ヵ月半ぶりの高値である6.…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ