2分でわかるアメリカ

2016/06/04「お金持ちの掟122」憧れのあのバッグ

「バーキンを返品した」。弁護士をしているアメリカの友人が、ビバリーヒルズのエルメスでたまたま探していた「バーキン」を見つけました。奥さんが長年憧れていた人気のバッグ。ちょっと微妙な色でしたが、迷わず買いました。自信を持って奥さんにサプライズ・プレゼントしたのですが、色が気に入らないとネガティブな反応。「やっと買えたのに」と渋々返品した次第です。かわいそう!

お金持ちの奥さん、もしくは「親しくしている女友達」がエルメスのバッグを持っている確率が高いです。女性自身がお金持ちの場合も同様。シャネルでもヴィトンでもなく、なぜかエルメス。特にケリーとバーキンと呼ばれるバッグのいずれかを所持している確率が非常に高い。庶民には見分けがつきにくいのですが、その希少性から「お金持ち御用達品」になっています。バーキンは、カジュアルでも、フォーマルでも使える!とネットに書いてありました。よくわかりませんが。

ビクトリア・ベッカムは100個のバーキンを持っているとされ、ジェニファー・ロペスら多くのセレブが愛用しています。「セレブ御用達品」でもあります。

バーキンが史上最高値で落札された、とクリスティーズが今週月曜日30日に発表しました。香港で開催されたオークション。落札されたのは、ヒマラヤ・クロコダイルの白いバーキンでした。ホワイトゴールドのアクセサリーが付き、ダイアモンドがあしらわれた「バーキン30」。

いくらか。30万168米ドル(約3211万円)でした。クリスティーズの推定価格は19万4000〜25万9000米ドルでしたので、大幅に予想を上回ったことになります。もちろんハンドバッグとしては過去最高値です。色によって差がありますが、通常2万ドル(約214万円)程度で買えることを考えると尋常ではない落札価格と言えます。

1984年。エルメスの第5代目の社長が、飛行機でイギリスの歌手ジェーン・バーキンと隣り合わせになりました。バーキンさんが、ボロボロの籠に荷物を入れていたのを見て、何でも詰めこめるバッグをプレゼントさせて欲しいと申し出ました。バーキン誕生のエピソードです。まさか30万米ドルで売買される、などと社長は夢にも思っていなかったと思います。

クリスティーズのオークションで誰が落札したかはわかりません。アジアのコレクターとしか発表されていません。中国人のお金持ちが奥さん、もしくは「親しくしている女友達」に贈るのかもしれません。 アメリカ人の友人はいま、奥さんが好きな色である白いバーキンを探しています。定価で買いたいそうです。

[June 03, 2016]  No 031843422

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.17 更新メイ首相続投、5つのシナリオメイ首相が提示したEU離脱協定案の賛否を問うイギリス議会下院の投票が15日夜実施され、反対多数で否決されました。メイ首相が率いる与党・保守党からはEU離脱派と残…
  • 2019.01.16 更新政府閉鎖のネガティブ効果メキシコ国境の壁建設の予算をめぐるトランプ大統領と民主党の対立が続いています。解決に向かう兆候はまったくみられません。9つの省庁の予算が切れ、政府機関の約25%…
  • 2019.01.15 更新破たんした電力会社、どうなるカリフォルニアで起きた山火事をめぐり、一因をつくったとされる電力大手PG&Eが今月29日にチャプター11(日本の民事再生法に相当する連邦破産法第11条)の適用を…
  • 2019.01.12 更新お金持ちの掟:いまの時代の離婚アマゾン・ドット・コムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、25年連れ添ったマッケンジー夫人と離婚します。有名人の離婚がメディアを騒がすのはアメリカも日本も同じ…
  • 2019.01.11 更新経済好調でも売れないアメリカの店クリスマスの時期にニューヨークを訪れた際、人の多さに驚きました。広大な地域に人口が分散しているロサンゼルスから来たせいもあるかもしれません。それでも、あの混雑は…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ