2分でわかるアメリカ

2016/05/24「6月利上げ」の見方

このところ、FRBが6月のFOMCで政策金利を0.25%引き上げるとの観測が広がっています。経済指標が景気回復を示し、FOMC議事録がタカ派的な内容、そして、FRBの幹部による「早期利上げ示唆」発言が相次いでいることが背景です。

サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は23日、ニューヨークで開かれた外交問題評議会で、年内2−3回と来年3−4回の利上げが「ほぼ適切」との認識を示しました。

一方、セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日、低金利を長期間維持すれば将来的に不安定になるとした上で、マーケットで利上げ観測が高まっていることは良いことだと述べました。雇用が堅調で、インフレに上振れ圧力がかかる可能性があり、利上げの確率が上がるとしています。

これより先、ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は、FRBが利上げする条件が整いつつあるとの見解を示しました。Financial Timesのインタビューに答えたものです。

Financial Timesが、53人の有力なエコノミストを対象に実施した調査では、FRBが6月もしくは7月に利上げすると予想したエコノミストが51%いました。9月利上げ予想は35.8%でした。

多くのエコノミストが、雇用統計、小売売上高、そして消費支出を含めた経済統計次第だと答えました。

今週27日金曜日、FRBのイエレン議長が、マサチューセッツ州ケンブリッジで講演します。この日は、アメリカの第1四半期のGDPの改定値が発表されます。金曜日のイベントが、マーケットの方向を決める可能性があります。
 
[May 23, 2016]  No 031843414

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…
  • 2018.10.11 更新「10月株売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)10月に入りニューヨーク株式相場が冴えません。10日の取引で下…
  • 2018.10.10 更新突然だったヘイリー大使の辞任※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領は9日、ニッキー・ヘイリー国連大使が年末に退任す…
  • 2018.10.09 更新日本人が取れないノーベル経済学賞※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(1日更新)はこちら(マイページへログイン)スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ