2分でわかるアメリカ

2016/05/13ミドルクラス・クライシス

日本に白黒テレビが普及、アメリカの人気ドラマが大量に放送された時代がありました。4畳半の「ちゃぶだい」の前に置かれたテレビ画面に、広い家、巨大な冷蔵庫、マイカーが映し出されました。アメリカの豊かさに、日本人が度肝を抜かされました。

1900年代前半からアメリカには途轍もないお金持ちがいました。ただ、世界最大の経済成長を支えてきたのはミドルクラス(中間層)です。大量消費でGDPを押し上げました。そのミドルクラスが、大都市圏を中心に減少しているという調査が発表されました。

Pew Research Center(ピュー・リサーチ・センター)が11日に発表した報告書によりますと、2000年から2014年の間、全米229の都市のうち203都市でミドルクラスが減少しました。ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなど主要な都市が含まれています。

特にカリフォルニア州では、26の都市のうち21都市でミドルクラスが減少。特徴的なのは、州都があるサクラメントで、ミドルクラスの多くが低所得層になったことです。対照的に、シリコンバレー関係者が多く住むサンフランシスコでは、富裕層の人口増加率が、低所得層の増加率を上回りました。

全米の都市で共通しているのは、生活費が年々上がる一方で所得が増えない。もしくは減るミドルクラス世帯が多いことです。

今年11月8日に実施されるアメリカの大統領選の共和党の候補者選びで、政治経験のないドナルド・トランプ氏が指名獲得を確実にしました。一方、民主党の候補者選びでは、知名度が圧倒的に高いヒラリー・クリントン前国務長官が、無名だったバーニー・サンダース上院議員に追い上げられています。トランプ氏とバーニー氏を支えているのは、過去の政治、政治家に失望したミドルクラスです。

格差社会、人種差別、銃犯罪など、アメリカは多くの社会問題を抱えています。本当に深刻なのは、ミドルクラス・クライシス(危機)なのかもしれません。


 


 [May 12, 2016]  No 031843407

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ