2分でわかるアメリカ

2016/05/03バフェット氏と金利

毎年この時期、アメリカの著名な投資家ウォーレン・バフェット氏がメディアに積極的に登場します。バフェット氏が会長兼CEOを務めるバークシャー・ハザウェイが年次株主総会を開催するからです。

今年の総会は4月30日、土曜日に本社があるネブラスカ州オマハで開かれました。バフェット氏は、「誰がアメリカの大統領になってもバークシャー・ハザウェイは大丈夫だ」と3万人を超える株主を前に語りました。バフェット氏はまた、日本やヨーロッパのマイナス金利政策について、保険会社だけではなく、年金生活者にも問題になると警戒感を示しました。

金利について、バフェット氏は週明けの5月2日にも発言しました。オマハに特設されたCNBCのスタジオに登場、「FRBが今後50年ゼロ金利を続けた場合、ダウ指数が100,000ドルに上昇するだろうと述べました。現在のダウは18.000をやや下回った水準にありますが、超低金利が続けば、大幅に上昇する可能性があるとの見方を示しましたものです。

スタジオには、バークシャー・ハザウェイのナンバー2、チャーリー・マンガー副会長も出演しました。マンガー副会長は、超低金利が長期間続く日本経済が低迷しているとした上で、「アメリカが日本のようになり始めている」と語りました。そして、低金利政策は限界にきていて、財政刺激策を実行すべきとの考えを示しました。

さらに、バフェット氏の盟友で、バークシャー・ハザウェイの社外取締役のビル・ゲイツ氏も登場。ゲイツ氏は、キャピタル・ゲイン税の税率を大幅に引き上げるべきだと主張しました。アメリカのキャピタル・ゲイン税は現在20%。これを、連邦政府の所得税の最高税率である39.6%まで引き上げるべきとの意見です。

影響力がある3人の発言だけに、主要メディアが詳しく伝えました。

 [May 02, 2016]  No 031843399

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ