2分でわかるアメリカ

2016/04/19地震の備え不十分

熊本地方を震源とする大地震。被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

日本の気象庁が「本震」と特定した熊本の16日深夜の強い揺れから約32時間後。南米のエクアドルで、マグニチュード7.8の大地震が発生しました。少なくとも350人が死亡。多くの建物が倒壊していて、犠牲者が今後大幅に増えるとみられます。

2つの大地震は、自然の容赦ない脅威をあらためて意識させるものでした。地震が多いアメリカ西海岸でも、あらめて地震への不安が広がりました。

ロサンゼルス市は15日、耐震化が不十分なアパートやコンドミニアムのリストを公表しました。熊本地震の直後というタイミングだけに、大きな注目を集めました。

それによりますと、ロサンゼルス市の1万3500軒の耐震性が不十分でした。特に、市北部のサン・フェルナンド・バレーの多くのアパートが地震に耐えられないと指摘されました。1950年代以降に急速に開発された地域です。

ハリウッド地区のアパートの多くも耐震化の遅れを指摘されました。直ぐ隣のコリアンタウンの建造物の多くも「危険」だとされました。1万3500軒のリストのおよそ半分は、ハリウッドとコリアンタウンを含めた西部地区、もしくはサン・フェルナンド・バレーでした。

カリフォルニア第2の都市サンフランシスコも地震多発地帯です。Los Angeles Timesは、サンフランシスコ市内のエンバガデロの老朽化が進み、耐震化に30億ドル(約3240億円)かかる見通しだと伝えました。マーケット通りやフィッシャーマンズ・ワーフが近いエンバガデロは観光名所。1906年と1989年に発生したサンフランシスコの地震で崩壊しなかったシンボルでもあります。一方、サンフランシスコ市は市内の5000のアパートの耐震性が不十分だとしていて、大地震の備えが警告しています。

世界のどこかで大地震が発生する度に、「地震の備え」に関する情報、警告が大量に出ます。しかし、時間が経つにつれいつも消えていきます。いつどこで大地震が起きてもおかしくない。「備えの強化」を継続することが重要だと思います。

 [April 18, 2016]  No 031843390

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ