2分でわかるアメリカ

2016/03/03アメリカ人が最も嫌うあの人

アメリカで1日、11月8日の大統領選挙に向けた候補者指名を争う2大政党の投票、開票が実施されました。11の州と1つの地域で、それぞれの予備選もしくは党員集会がありました。「スーパーチューズデー」と呼ばれる山場です。

民主党はヒラリー・クリントン前国務長官が8カ所で勝利。共和党は不動産王のドナルド・トランプ氏が7つの州を制しました。11月の本戦は、民主クリントンVS共和トランプで争われる可能性が、「確実」と言っていいほど高まりました。

調査会社ギャロップによりますと、トランプ氏は最も嫌われている候補者です。不支持率が60%と、調査が開始された1992年以降で最悪でした。ワースト2は再選を目指したジョージWブッシュ大統領(当時)。そしてワースト3はクリントン氏で、不支持率は52%でした。つまり、過去24年で最も嫌われている候補と3番目に嫌われている候補が、皮肉にもそれぞれの党で最有力になっているということです。

最も嫌われている候補のトランプ氏は、過激な発言や独特な態度で敵が多くいます。元議会幹部や著名なエコノミストら有力者がメディアで「大統領の資質に欠ける」と激しく批判しています。しかし、批判が増えるほど、支持率が上がっています。トランプ氏への支持が高いのは、既存の政治家や体制、エスタブリッシュメントへの反発が背景にあるからです。

トランプ氏への批判は、その支持者にも及んでいます。

共和党候補の指名争いから離脱したニュージャージー州のクリス・クリスティ知事がトランプ氏支持を表明しました。クリスティ知事は全米知事協会の会長を務める重鎮。トランプ氏を支持したのは、「副大統領になりたいからだ」と批判されています。地元のニュージャージー州の6つの新聞が「クリスティ知事の辞任」を求めています。クリスティ知事への批判が候補者選びにどう影響するのかは、まだわかりません。



[March 02, 2016]  No 031843362

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ