2分でわかるアメリカ

2016/02/09目玉は宣伝、中身は見ない

雲ひとつない青空。摂氏30度近い真夏日。昨日のロサンゼルスは絶好のビーチ日和でした。しかし、ビーチはガラガラ。市内の道路は車がまばらでした。

2月上旬の日曜日は毎年、特別な日です。スーパーボウル(Super Bowl)が開催されるからです。アメリカンフットボール(NFL)の2つのリーグ、AFCとNFCの優勝チームが対戦する大会です。アメリカ人はスーパーボウルが大好きで、約1億人がテレビ観戦します。フォーブス誌によりますと、スーパーボウルのブランド価値は5億8000万ドル(667億円)で、夏のオリンピックやサッカーのワールドカップを上回る世界一のスポーツイベントです。

節目の50回目となった今年のスーパーボウルは、7日にサンフランシスコに近いサンタクララで開催されました。AFCのデンバー・ブロンコスが、カロライナ・パンサーズを24対10で破り、1999年以来3度目の頂点に立ちました。ブロンコスの守備が高く評価されました。

社会現象なので、毎年テレビをつけるのですが、日本人の筆者はどうしても興味がわきません。英国圏が熱狂するクリケットも同様。恥ずかしいのですが、アメフトとクリケットのルールを完全に理解していません。ロシア人の妻も同じ。昨日は、途中から録画に切り替え、後で、ハーフタイムのコンサートとコマーシャルだけを夫婦で視聴しました。ゲームの中身は高速で早送りしました。

コマーシャルは普通飛ばすのではないか、と思うかもしれません。しかし、スーパーボウルのテレビコマーシャルは特別です。30秒の広告1本の枠が500万ドル(約5億7500万円)もするため、まず、どの企業がスポンサーになるかが注目。そして、スーパーボウルのために特別に制作された広告であるため、その出来が毎年大きな話題になります。スーパーモデルのシンディ・クロフォードが大ブレークした1992年のペプシのコマーシャルが最も有名です。

USA Todayによると、今年最も評価が高かったコマーシャルはヒュンダイ自動車。ドラマ仕立てのスポットですが、個人的にあまり好きではありません。それよりも、コールドプレイとビヨンセによるジョイント・コンサートが良かったと思いました。ただ、最もアメリカらしい大イベントにイギリス人のコールドプレイが招待されたことには考えさせられました。ゲーム冒頭の国歌斉唱は非常にアメリカらしいレディー・ガガでしたが。



 [February 08, 2016]  No 031843346

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ