2分でわかるアメリカ

2016/01/21世界経済がリセッション入りする可能性

年初から世界のマーケットが荒れています。株価が大幅に下落、原油の下げが止まりません。外国為替マーケットでは、リスク回避で円が大幅に上昇。安全とされる米国債が買われ、利回りが大幅に低下しました。中国経済の減速と原油安がきっかけでしたが、マーケットの混乱が先進国から新興国まで幅広く影響、世界経済に打撃となっています。

世界経済フォーラムが開かれているスイスのダボスを訪れているJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは、原油価格はいずれ調整され、株式市場は2、3週間で落ち着くだろうと述べました。しかし、金融危機があった2008年より深刻なリセッション(景気後退)が訪れる、との悲観的な見方も一部であります。

「世界成長に脱線のおそれ」と題するコラムをThe Wall Street Journalが掲載しました。経済大国が演出した信用拡大を背景にした成長が限界に達したと伝えました。年初からの世界的な相場急落は、政策当局の能力を投資家があまり信頼していないことを示しているとしています。

国単位では、2四半期連続でマイナス成長になった場合、リセッション(景気後退)と定義されます。世界経済の場合は、人口増加についていくのに必要とされる2.5%程度の成長を下回った場合、リセッションと一般的に言われます。IMFは今週19日、2016年の世界経済の成長率を3.4%と予想、去年10月時点の3.6%から下方修正しました。IMFは、世界経済見通しが依然として下向きだと指摘しています。

モルガン・スタンレーのエコノミストは、世界経済が今年リセッションに陥る可能性が最大で20%あるとの見方を示したとReutersが伝えました。日米の脆弱な消費者需要、原油・コモディティ価格の急落への懸念で弱体化する新興国、そして中国からの資本流出がリセッション入りする主なリスクだとしています。基本シナリオは世界経済3.3%成長だが、下方リスクが高まっているとコメントしました。リセッションの危険エリアである2.5%に迫るリスクがあると。



[January 20, 2016]  No 031843334

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.23 更新「トランプ関税」、NYダウ狙われる?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ大統領は22日、EUから輸入される自動車に…
  • 2018.06.22 更新米中の報復関税、最初の兆候※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領の言動がきっかけで、貿易をめぐる米中関係が貿易…
  • 2018.06.21 更新ダウ平均のオリジナル企業、全除外※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会は19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ