2分でわかるアメリカ

2016/01/16米経済、急ブレーキの兆候

去年11月末のブラック・フライデー、その後の年末商戦。何度かショッピング・モールに足を運びました。例年と比べ、人手が少ないように感じました。特にデパートは買い物客が少なかったです。衣料、家電をはじめ小売は競争が激しく、いつ行ってもセールをやっているので、「ホリデーセール」のインパクトがありません。会社の同僚らへのクリスマス・ギフトを例年よりダウングレード、もしくは少なめにしたアメリカ人の友人も少なくありません。

12月の経済指標、小売売上高は「年末商戦の結果発表」のような性格があるため、例年注目を集めます。アメリカ商務省が15日に発表した12月の小売売上高は前月比0.1%減で、予想を下回りました。変動が激しい自動車、ガソリン、建材、食品を除くコア売上高は0.3%減となり、11月の0.5%増からマイナスに転じました。Reutersは、第4四半期のアメリカ経済の成長に急ブレーキがかかった兆候が示されたと解説しました。

原油相場が急落したことで、ガソリン価格が大幅に下がりました。テキサス州では日本円に換算してリッターあたり50円を割っています。自動車社会のアメリカでは、通常、ガソリンで浮いたお金が消費に回る傾向がありますが、そうなっていません。雇用が拡大、FRBが利上げに踏み切るほど景気が回復したとされていますが、消費者の財布の紐は固いです。余裕が出た資金を貯蓄やローンの支払いにあてているとみられます。アメリカの個人消費がGDPに占める割合は他国と比べ非常に高く、約7割を占めています。

15日に発表されたアメリカの12月の鉱工業生産指数と設備稼働率、そして、ニューヨーク州の1月の製造業業況指数はいずれも弱く、予想を下回りました。消費者だけはなく、企業も景気の先行きを慎重に見ていることを示しています。

FRBは、12月のFOMC後に公表した内部の見通しで、今年は4回の追加利上げをすると予想していることがわかりました。しかし、消費者と企業の心理の急激な悪化、最近の世界的な金融市場の混乱などを受け、FRBが見通しを修正する可能性があるとの見方が増えています。「FRBのシナリオが崩れつつある」との声もあります。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は15日の講演で、「今後の利上げペースは経済指標に左右される」と述べました。FRBが金融政策を決めるFOMCの次回会合が1月26日と27日に開かれます。どういう声明を出すか、注目したいです。
 


1月第3週月曜日の週明け18日(米国時間)はマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デーで連邦祝日。お休みとし、19日に再開します。
[January 15, 2016]  No 031843332

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ