2分でわかるアメリカ

2015/12/29オバマのハワイ休暇はHow Much?

いま、ハワイにいます。日本人観光客が多いワイキキに集中するABCストアには、去年と全く同じTシャツが売っています。日本の旅行代理店やクレジットカード会社が提供する観光バスが相変わらず異質です。食材のほとんどが西海岸から運ばれるので新鮮さに欠ける食事。1年ぶりのハワイはいつも通りのハワイです。

去年と変わらないことがもう一つ。オバマ大統領が家族と休暇を取っています。7年連続。今年は今月19日に到着、新年2日まで滞在します。宿泊は、ワイキキから北へ車で約20分のカイルア地区にあるバケーション・レンタル・ホーム。一泊あたり1万ドル(約120万円)で貸し出されている一戸建てです。アメリカのメディアによりますと、住宅の窓は防弾ガラスに変更、床が張り替えられ、特別な通信機能が新たに加えられました。補佐官や警備担当者も周辺の住宅をレンタル。お金がかかっています。

ワシントンDCとハワイの往復は大統領専用機のエア・フォース・ワン。ジュディカル・ウォッチによりますと、エア・フォース・ワンの往復運賃は370万ドル(約4億4400万円)もします。「エア・フォース・ワンをUber(ウーバー)のように使っている」と一部で批判が出ていますが、安全保障上、デルタ航空で移動することなどありえないのだと思います。あたりまえですが。

オバマ大統領はハワイ滞在中、毎朝ジムに通います。日中はゴルフ、ハナウマ・ベイでのシュノーケリング、ノースショアでのバーベキューなどを楽しみます。娘とカイルアの「アイランド・スノー」でシェイブド・アイスを食べ、夜はワイキキの日本食レストラン「Nobu(ノブ)」や「Morimoto(モリモト)」でディナーを楽しむことが恒例になっています。一般観光客とさほど変わりません。ただ、どこに行くにも、シークレット・サービスや補佐官の一部、メディアが同行、行き先によって道路が閉鎖されるので、観光客で賑わうハワイが一段と混雑します。これもいつも通りです。



 [DECEMBER 28, 2015]  No 031843319

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.21 更新「ドクター・コッパー」示唆する危機※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)国際商品市場で代表的な非鉄金属である銅相場の下げが止まりませ…
  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ