2分でわかるアメリカ

2015/12/19「お金持ちの掟108」クリスマスの予算

クリスマスが近くなると、「ギフト」の広告が非常に目につきます。日本ではクリスマスというと「ケーキ」「デート」を想像する人が多いかもしれませんが、欧米では「家族」「ギフト」をイメージします。アメリカの景気全体にも影響する年末商戦のほとんどは、クリスマスに向けたギフトの買い物を指します。ちなみにアメリカでは、多くの人種、宗教が混在しているため、クリスマス・ギフトではなく「ホリデー・ギフト」と呼びます。

ウエスト・ロサンゼルスにあるワイン店「Wally’s」は富裕層の顧客が多いことで知られています。ハリウッドスターや大物映画プロデューサーなど。ギフト・カタログには、世界のトップワインが12本入った2万米ドル(約244万円)のバスケットや2万米ドルのレミー・マルタンの特別バージョンなど高価な贈り物が並んでいます。友人のアメリカ人の弁護士は、奥さんにレクサスの新型SUVを贈るそうです。

ホリデー・ギフトのアメリカ人の平均予算は500米ドル(約6万1000円)程度。お金持ちはどうか。CNBCが、投資資金が100万米ドル(約1億2200万円)を超える750人を対象に実施した調査では、今年のホリデー・ギフトの予算は1000米ドル(約12万2000円)から2500米ドル(約30万5000円)でした。去年とほぼ同じ。2万5000米ドル(約305万円)以上と答えた人もいました。
ギフトに予算の大半を使うと答えました。配偶者へのギフトに予算を使うと答えた人は16%。意外に少ない!自分のためのギフトと答えた人は3%でした。

ロサンゼルスの学校は18日が年内最後。来週から約3週間の冬休みに入ります。企業の多くは来週半ばから年始まで休業します。年末商戦は来週がピークです。

[DECEMBER 18, 2015]  No 031843314

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ