2分でわかるアメリカ

2015/12/18金利上昇で銀行儲かる?負担は消費者に

FRBが16日、政策金利である短期金利(FF金利)の誘導目標を0.25%引き上げ、0.25-0.50%にすることを決めました。FRBが利上げするのは約10年ぶりのことで、歴史的な決定といえます。予想通りでしたが、アメリカの消費者にすぐに影響が出そうです。

FRBが利上げを発表した直後、アメリカの大手銀行、ウェルズ・ファーゴが優良顧客の個人に提供するローン金利であるプライム・レートを3.5%に引き上げました。即日実行しました。JPモルガン・チェースやUSバンコープなども続きました。

しかし、預金の金利は据え置かれました。バンクレートによりますと、アメリカのセービング・アカウント(日本の普通預金口座に相当)の平均金利は0.48%。FRBが歴史的な利上げを決めても変わる気配はありません。お金を銀行に預けても受け取る金利は過去最低のまま。

独立系のフィナンシャル・プランナーは「典型的な大手銀行の行動だ。マーケットの状況から利益を得る一方で、負担は消費者に押しつける」とCNBCにコメントしました。

今後、自動車ローン、学生ローン、さらには住宅ローンの金利水準も上昇することが予想されます。消費者の負担が、増える方向にあります。賃金の上昇は極めて緩やかです。

プライム・レートをはじめとするローン金利や預金金利の決定については各銀行の裁量に委ねられていて、FRBが直接影響力を行使することはありません。プライム・レートを引き上げて、預金金利はそのまま。これを「公平」と呼べるのか、とCNBCが伝えました。



[DECEMBER 17, 2015]  No 031843313

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…
  • 2018.09.15 更新UHNWIでみる富の移動※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争に内外の懸念が高まる中、トランプ大統領は強硬姿…
  • 2018.09.14 更新オクトーバーサプライズ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)「October Surprise(オクトーバーサプライズ)…
  • 2018.09.13 更新ユーロ基軸通貨構想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)EUのユンケル委員長がユーロの国際的役割を拡大させると主張し…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ