2分でわかるアメリカ

2015/11/27為替や株だけじゃない、買い物もチャート

11月最終週の木曜日。今日はサンクスギビングデー(感謝祭)です。アメリカ人にとってクリスマスと並ぶビッグで大事な祝日。ほとんどの家庭の食卓に並ぶ七面鳥は、英語でTurkey(ターキー)と言います。国名のトルコと、スペルと発音が同じ。オバマ大統領がロシアのプーチン大統領に電話したそうです。「今夜のディナーは何か」と。プーチン大統領が「ターキー」と答えたというブラックジョークがソーシャルメディアで転送されまくっています。

感謝祭の翌日はブラックフライデー。1年で最もモノが安く、最も売れる日とされています。最近はフライングが目立ち、大手デパートや家電店、アパレル店などが今夕から明日遅くまで「大セール」をはじめます。

ハリスポールが実施した調査では、アメリカ人の4人に1人がブラックフライデーに買い物をする予定です。予算が去年より20%以上増える見込み。FRBが来月の会合で利上げを決めるとみられていますが、消費を見る限りアメリカの景気は良さそうです。

ブラックフライデーはどれくらい安いのか。USA Todayによりますと、アマゾンでは50インチのテレビを150ドルで販売。また、ウォルマートは、70インチのテレビを898ドルで売ると宣伝しています。このほか、通常は250ドルのBeats by Dreの人気ヘッドフォンが129ドル、ホームデポは白物家電のほとんどを40%オフにします。アバクロは全店半額セールです。

ただ、ブラックフライデーはモノが最安値になるわけではない、とThe New York Timesが伝えました。アマゾンの値動きを示すツールを提供しているCamelCamelCamelでは、通常127ドルで売られているパイオニアのスピーカーが、去年8月に60ドルまで値下げされ、今年の8月には88ドルになり、その後再び127ドルに戻りました。値動きをチャートで探り、最安値になったら買うのが賢い消費者だと示唆しています。底値に達したら、メールや携帯テキストで通知するサービスもあります。普段の買い物が金融商品の取引のようになりつつあるようです。一目均衡表が「冬物の買い」を示している、とかいう日が来るかもしれません。



 [NOVEMBER 26, 2015]  No 031843299

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ