2分でわかるアメリカ

2015/11/17傷だらけのベン

ロンドンに昨夜、着きました。予想していたほど寒くはないのですが、いつもの曇り空。これもロンドンの象徴の一つでしょうか。

ロンドンを最も象徴する建造物といえば「ビッグベン」。世界で最も有名な建築物の一つです。バッキンガム宮殿と合わせ、ビッグベンには、いつ行っても大勢の観光客がいます。

ゴシック建築のビッグベンは、イギリスの国会議事堂に相当します。その議会でいま、大規模な修復問題が話題になっています。

約900年前に建てられたビッグベンは、1800年代半ばに火事で大破しました。大規模に修復工事されたものが現在のビッグベン。その後の160年間、修復らしい修復が行われませんでした。

The Wall Street Journalによりますと、3800ある窓の中で完全に閉まる窓は一つもなく、雨漏り箇所が何箇所もあります。大雨で洪水のような状態になることもあり、歴史的な内装や家具が傷んでいます。歴史的なティールームの床にはネズミが走っているそうです。

イギリス議会とデロイト不動産が共同で調査した報告書によりますと、ビッグベンの修復には日本円に換算して6000億円-1兆3000億円程度かかる見込みです。議会の機能を維持したまま修復工事を進める場合は32年かかると試算されました。最も安い方法は議会を移転し、6年で修復工事を終わらせるというものです。この場合、議会をどこに移すのか。イギリス第2の都市バーミンガム、もしくはロンドンの東側に移す案があがっています。イギリス議会は、ビッグベンの修復について来年、方針を決める方向です。いずれにせよ、歴史的なプロジェクトになりそうです。

ロンドンの中心部は、何百年もたった建造物ばかり。ホテルのシャワーがまともに出ない、窓から隙間風が入ることを過去に何度も経験しました。ビッグベンの修復問題は、産業革命で大きな発展を遂げたロンドンの今を象徴していると言えます。



 [NOVEMBER 16, 2015]  No 031843293

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.15 更新トランプ大統領、任期全うできるか12月9日からの1週間は、トランプ大統領にとって就任以来で最悪の週だった。ワシントンポストのコラムニストが伝えました。確かに、トランプ大統領に打撃となるニュース…
  • 2018.12.14 更新アメリカのガラパゴス日本に帰国する際は非接触型ICカードを使っています。JR東日本のSuicaや首都圏の地下鉄やバスで利用できるPASMO。コンビニや自販機でも使えて便利だと思いま…
  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ