2分でわかるアメリカ

2015/11/12意外!世界で最も思いやりのある国

世界で最も思いやりのある国はアメリカではない、という記事が財政関連の報道で知られるFiscal Timesに掲載されました。

英語のgenerousを「思いやり」と訳しました。寛容な、とも訳せます。比較が難しく、「おもてなし」の日本が世界一だと個人的には思っています。ただ、ここでは、寄付をしている割合などを総合的に比較したものです。

イギリスのチャリティ・エイド基金によりますと、世界でも最も思いやりのある国はミャンマーでした。総選挙でアウン・サン・スー・チーさん率いるNLDが歴史的な勝利を遂げたあの国です。敬虔な仏教信者が多いことが背景にあるとしています。国民の90%以上が寄付をしました。

アメリカで寄付をした人は全体の63%。65%の人が赤の他人を手助けし、44%の人がボランティアで働きました。思いやり度は世界第2位だとしています。

アメリカでは、決して裕福とは言えない人や学生が、ホームレスに小銭を渡しているシーンをよく見かけます。寄付することだけが「思いやり」だとは思いませんが、何度も心が洗われる思いを経験しました。

首位のミャンマーと2位のアメリカのほか、ニュージーランド、カナダ、そしてオーストラリアが思いやりのある国トップ5。また、トップ20には、スリランカ、ケニア、そしてグアテマラなど「豊かではない国」も含まれています。ちなみに日本は102位でした。

[NOVEMBER 11, 2015]  No 031843290

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ