2分でわかるアメリカ

2015/11/07「4300円で空港荷物検査なし」

海外の厳しい目とは対照的に、ロシアのプーチン大統領は国民の高い支持を得ています。背景の一つに、プーチン大統領がソーシャル・メディアを積極的に利用していることがあると知人のロシア人ジャーナリストから聞きました。

ロシアの航空会社コガリムアビア(メトロジェット)の旅客機が先月31日、エジプト東部のシナイ半島に墜落、乗客乗員224人全員が死亡しました。事故直後に、プーチン大統領は「最も悲しい日」として、犠牲者と家族に対し国を挙げて哀悼の意を表するよう呼びかけました。それ以降、プーチン大統領のソーシャル・メディアでの沈黙が続いています。

この間、イギリスのキャメロン首相が「テロリストが持ち込んだ爆発物が原因の可能性がある」として、エジプト東部のシャルムエルシェイク空港とイギリスを結ぶ便の運航を一時停止する措置をとりました。アメリカの航空会社は同地域を飛ぶ便がありませんが、オバマ大統領は「機内に爆弾があった可能性がある」との見方を示しました。ドイツとフランスなどヨーロッパ各国も、リゾートとして知られるシャルムエルシェイク空港への運航を停止しました。

これに対し、ロシア政府は「エジプトの調査結果を待つべきだ」としてテロ説に慎重な姿勢を貫きました。しかし、ロシア国内では、プーチン大統領の沈黙が続いていることも影響して、「何かがおかしい」「ロシアがISIS(過激派組織)への攻撃をしたことへの報復ではないか」との見方が広がりました。ISISへの攻撃を決めた責任が問われると、プーチン大統領への圧力が強まりました。

事故から1週間後の6日。プーチン大統領は、エジプトとロシアを結ぶ航空機の運航を停止するよう、関係省庁に指示を出しました。テロの可能性を認めた瞬間でした。エジプト東部はロシアの人気の観光地で、日本人にとってのハワイのような存在。妻の両親も過去に10回ほど訪れています。エジプトとロシアの観光業界への影響は必至です。

欧米のメディアは、何者かが空港の保安検査をすり抜け、爆発物を機内に持ち込んだ可能性があると伝えています。イギリス人のツーリストはスカイニュースに対し、「検査官に35ドル(約4300円)を払い、荷物検査が免除された」と話しています。

224人の命を奪った悲劇は、プーチン大統領に対するロシア国民の見方を変え、同時に、世界の空港検査のあり方を見直すきっかけに発展する可能性があります。



 [NOVEMBER 06, 2015]  No 031843287

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.14 更新アメリカのガラパゴス日本に帰国する際は非接触型ICカードを使っています。JR東日本のSuicaや首都圏の地下鉄やバスで利用できるPASMO。コンビニや自販機でも使えて便利だと思いま…
  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…
  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ