2分でわかるアメリカ

2015/11/05男性寿命が短くなる唯一の先進国

今週発表された「米国科学アカデミー紀要(the Proceedings of the National Academy of Sciences))がアメリカで話題になっています。アメリカの白人中年男性の死亡率が上昇する傾向があるという研究論文です。

研究によりますと、アメリカ人の45-54歳の白人男性の死亡数が1999年から2013年まで連続して増えました。イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スウェーデン、そしてオーストラリアの45-54歳の男性の死亡数は1990年から連続して減少しました。非常に対照的で、いかにアメリカの統計が異常かを示しています。特に、高等教育を受けていない白人男性ほど死亡率が高いという結果が出ています。

同じ世代のアメリカ人男性の中でも、中南米などにルーツを持つヒスパニクや黒人の死者数は一貫して減り続けています。

アメリカの白人中年男性の死因のうち、一般的に多いとみられている肺がんと糖尿病による死者数はほぼ横ばい。一方で、薬物とアルコール中毒が急ピッチで増加、自殺も増えています。マイケル・ジャクソンや俳優のフリップ・セイモア・ホフマンらの有名人も薬の過剰摂取で死亡したとされています。

Financial Timesによりますと、白人中年男性の死亡率が全米平均の2倍と高いウエスト・バージニアをオバマ大統領が訪問しました。オバマ大統領は「薬物中毒の死者数が交通事故により死者数を上回っている」とコメントしたそうです。薬物中毒の問題は、2016年大統領選の争点の一つになりそうです。



 [NOVEMBER 04, 2015]  No 031843285

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ