2分でわかるアメリカ

2010/03/12ネットショップ増加の本当の訳




親しくしていたコンピュータ店経営のNさんが店をたたみました。オンラインに特化するのだそうです。家もネバダ州に引っ越しました。アメリカでは、1億5000万人以上がインターネットで買い物をし、その総額は日本円にして年間15兆円に達するそうです。フォーリストリサーチという会社が調査したものですが、2014年には23兆円に達する見通しだそうです。すごいですよね。
アメリカで、ネットで買い物をする人が増えるのにはいくつか理由があります。
店舗を持たないため固定費が低く値段が安いこと、自宅で簡単に買い物出来ること、クレジットカードが普及していることも理由です。しかし、日本と比較して大きく違うのは「消費税に匹敵するセールスタックスがかからない」ということです。
 

セールスタックスは州税であるため、例えばニューヨークを拠点にする店で、ネットを経由してカリフォルニアの住人が買い物をした場合、「タックス」つまり税金がかかりません。ロサンゼルスのセールスタックスは9.75%ですので、1割近く安くなります。

私の友人には、「食料品以外は全てオンラインという人がたくさんいます。私は先日デパートで欲しいサングラスを探し、オンラインで買いました。サングラスは定価の4割引、配達料は無料、税金分をいれるとデパートと比べ5割安くなりました。だから、みんなオンラインで買い物するのです。友人のNさんは、カリフォルニアの人にネットで売るため、ネバダ州に引っ越したのです。

これは、日本人がハワイの免税店で買い物をするのと仕組みが似ています。ただ厳密に言うと、買い物した人はセールスタックス分を自分が住む州に申告し、納税しなければなりません。カリフォルニアではこれを「ユーズタックスつまり使用税と呼びます。しかし、自己申告のため、州はほとんど回収出来ていません。

[March 11, 2010] No 01009

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.20 更新米経済、今年と来年は急減速との予想アメリカ経済が今年と来年に急減速する。FRBの会合(FOMC)前に実施するCNBCの最新の調査でエコノミストがこう予想していることがわかりました。調査にはアメリ…
  • 2019.03.19 更新オルーク氏は「第2のオバマ」?2020年の大統領選の候補者争いが本格化しています。共和党はトランプ大統領を再指名することが確実。対抗する民主党は、これまでに15人が候補者争いに名乗りをあげま…
  • 2019.03.16 更新ドレス脱いだゴールドマンバンク・オブ・アメリカが先月末、投資銀行部門と証券部門から「メリルリンチ」の名前を外すと発表しました。2008年の金融危機で破たん寸前に追い込まれた投資銀行のメ…
  • 2019.03.15 更新「1ドル=60円」の説得力今週、プライベートで日本に滞在しています。実家に行ったり、免許を更新したり。ここ数年、日本に来るごとに強く感じるのは物価の安さです。短期滞在した東京のホテル料金…
  • 2019.03.14 更新ボーイング737MAXは安全かエチオピア航空302便が10日に墜落、乗客乗員157人全員が死亡。去年10月に墜落したインドネシアのライオン・エアと同じボーイングの新型機「737MAX」だった…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ