2分でわかるアメリカ

2015/08/18中国公安、アメリカで「キツネ狩り」

中国の中央銀行にあたる人民銀行が、通貨・人民元の対ドル相場の基準値算出法を変更、事実上の大幅な切り下げを実行し、世界のマーケットが動揺しました。アメリカでは「為替操作国」として中国への批判が高まっています。習近平国家主席が来月、アメリカを訪問しオバマ大統領と会談しますが、中国の政府機関とみられるグループがアメリカ政府や企業のサーバーをハッキングした問題などに加え、新たに2国間の難問が増えた形です。

そして、もう一つ難問が増えそうです。The New York Timesは週末、中国の公安関係者が旅行者もしくは商用の名目でアメリカに入国、収賄や機密漏洩容疑などがかかった中国人を取り締まっていると報じました。中国国内にいる親族の安全を脅かすなどして脅迫、事実上の強制連行をしているとしています。中国政府はこれを「Operation Fox Hunt(オペレーション・フォックス・ハントもしくはキツネ狩り)」と呼んでいるとしています。

アメリカ国内での中国人の公安活動があまりも露骨で目立つため、アメリカ政府が中国政府に活動を止めるよう警告しました。アメリカのCIAは中国国内で、政治、経済、軍、産業情報などに関する「スパイ活動」をしていますが、目立つ行動は控えているのではないかと想像します。

「キツネ狩り」は、習近平主席の「汚職撲滅」キャンペーンの重要な柱だとThe New York Timesが解説しています。中国公安によると、去年以降に930人が中国に戻されました。中国公安は、アメリカ以外でも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど中国人が好む移住先を中心に工作員を送りこんでいます。去年12月には、中国の警察官2人がオーストラリアで逮捕され、中国の外交官が強制送還される事態に発展しました。アメリカ、カナダ、オーストラリア、そしてニュージーランドと中国との間には、「犯人引渡し協定」がありません。

冷戦時代の米ソ間ではなく、いまの時代にスパイ映画や小説で描かれる世界が現実に起こっている。The New York Timesの記事を興味深く読みました。米中間はいま、過去に例がないほど、緊張した状態になっています。

 
 [August 17 2015]  No 031843229

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ