2分でわかるアメリカ

2015/07/28資源国カナダの通貨は安いか高いか

週末は家族とカナダのバンクーバーで過ごしました。大英帝国時代の名残でイギリスの影響が残る街並み、ただ、アメリカとの国境までクルマで30分、シアトルまでは3時間と近いため、シドニーやオークランドと比べるとアメリカの影響を強く感じました。

滞在中はあいにくの雨で、多くの時間を屋内で過ごしました。買い物です。スーパーマーケット、ドラッグストア、ファッションまで幅広い店舗を見て回ったのですが、ほとんどの商品がアメリカとほぼ同じ数字になっていました。つまり、1米ドルは1加ドルで設定されていました。

例えば、娘が欲しがっていたアメリカのブランド、マイケル・コースのバッグは298加ドルでした。アメリカの価格は298米ドル。現在のレートは、1加ドル=0.77米ドルですので、消費税に相当するセールスタックス(カナダではGST)を含めてもカナダの方が2割強安くなっています。カナダのブランドであるルルレモンも同様でした。

カナダドルの対ドル相場は去年始めごろまでパリティ(1対1)で推移していました。しかし、原油や銅のコモディティ相場の下げに連動する形で、下落基調が続いています。来年にかけてカナダドルの対ドル相場は1加ドル=0.74米ドルまで下げるとの見方があります。通貨安を受けて、商品の価格がいずれ改定されるのではないかと予想しますが、現在はそのままで、アメリカ人にとっては「買い物天国」の状態になっています。知人のカナダ人弁護士と食事をしましたが、「カナダドルは資源相場次第」と言っていました。

モノが安いか高いか。すべては外国為替相場が影響します。カナダドルの対円相場は95円前後です。このレートで計算すると、日本人にとってカナダの物価はやや高く感じるかもしれません。円が実態より大幅に安くなっているからだと思います。

ところで、バンクーバーの空港では、アメリカへの入国手続きがありました。飛行機は国内線扱いで、ロサンゼルスに到着後は税関の検査がありませんでした。北米自由貿易協定(NAFTA)により米加間の関税のほとんどは撤廃されています。貿易の完全自由化とはこういうことかと実感しました。明日28日からハワイでTPP閣僚会合が始まりますが、いずれ日米間も米加間に近い状態になるかもしれません。時間がかなりかかるとは思いますが。

 
 [July 27 2015]  No 031843214

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ