2分でわかるアメリカ

2015/07/04「お金持ちの掟90」日本人が知らない富豪

オラクルの創業者で、アメリカの富豪ランキングのトップ10に入るラリー・エリソン氏は、京都の南禅寺近くに大邸宅を建設中です。ロシア系ユダヤ人の家庭で育ったエリソンは大の日本好き。カリフォルニアの自宅を訪問したことがある人から聞いたのですが、「奥さん以外は全て日本だった」そうです。それほど日本が好きなのに、京都の家は別邸であり、長期滞在する可能性は低いとみられます。

「爆買い」の印象が強い中国から来たお金持ちが、東京をはじめとする日本の一等地の不動産を買いあさっているという話をよく聞きます。しかし、日本に移住したという話は聞いたことがありません。

日本は富豪の投資対象先ではあるものの、移住先ではありません。富豪を受け入れるインフラも社会環境もありません。

これに対し、欧米の多くの国は、富豪が投資をし、移住もします。アメリカの富豪の多くは外国生まれ。グーグルの共同創業者のセルゲイ・ブリン氏はロシア生まれ、ヘッジファンドのジョージ・ソロス氏はハンガリー生まれです。移住した後に富豪になった人のほか、富豪になった後にアメリカに移住した人も少なくありません。富豪を受け入れる社会制度があり、インフラがあります。

イギリスも似ています。以前ご紹介したThe Sunday Timesが毎年発表するイギリスの富裕層1000人のランキング。2015年版のトップから9位までを、移民もしく外国出身者が占めました。ロシア系と中国人、いわゆる華僑、そしてインド系の印僑がずらりと並びました。純粋なイギリス人は10位のウエストミンスター公爵が最高位でした。世界の大富豪を積極的に誘致、いわゆる「ウィンブルドン現象」の一つでもあります。

ロシアや華僑の富豪が多いのはアメリカも同様ですが、インド系が多いのはイギリスの特徴です。大英帝国の名残。インドは旧植民地で、深いつながりがあります。

インドの携帯電話で知られるヒンドゥージャ・グループのヒンドゥージャ兄弟が富豪ランキングのトップ、インドの鉄鋼王のラクシュミ・ミッタル一族が3位です。そして、デビッド&サイモン・ルーベンが7位にランクされています。いずれも、日本円に換算して1兆円を超す個人資産を持っています。凄い!

ルーベン兄弟は日本では無名、イギリスでも「知る人ぞ知る」存在です。ただ、ロンドンの金融街シティやウォール街では良く知られた富豪。流動性資金が豊富なことが影響しています。

インドのボンベイ出身で、1950年代にイギリスに移住。金属事業で成功しました。ゴールドマンサックスは去年、金属保管事業をルーベン兄弟に売却、ニュースになりました。不動産投資でも知られ、今年はじめにバッキンガム宮殿の近くの大邸宅を改装する許可を得ただけで話題になりました。

ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏だけが富豪じゃない。日本人が知らない世界がまだまだあります。
 

[July 03 2015]  No 031843199

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…
  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ