2分でわかるアメリカ

2015/06/10寿司とSushi

ロサンゼルスから車で2時間ほど南に走るとカールスバッドという街があります。近くにはレゴランドやシーワールドがあり、家族向けのリゾート地として知られる街です。そのダウンタウンにある「ブルーオーシャン」というレストランで昨夜、夕食をとりました。アメリカ人の知人のオススメのレストラン。

早い時間でしたが、ほぼ満席でした。「シーフード」を予想していたのですが、Robata (炉ばた焼き)とSushi(寿司)のレストラン。日本食レストランというより、リゾートっぽいおしゃれなレストラン。地元住民と観光客、カップルや家族連れは全員白人。シェフを含めた従業員は白人とメキシコ人でした。こういうレストランで食事をすると、Sushiがアメリカ人の食生活の一部になっていると強く感じます。

調査会社IBISワールドによりますと、全米でSushiをメインにした企業数は4181あり2万4354人を雇用、20億ドル(約2500億円)の売上高をあげています。1980年代にカリフォルニア・ロールが登場したのがきっかけとなり、全米に広がりました。今後10年は年率2.9%のペースで増加する見通し。IBISワールドは、Sushiはアメリカで革新的な発展を遂げていると解説しています。

革新的な発展とはなにか。カリフォルニア・ロールの他に、ソフトシェルクラブとアボガドをサーモンやマグロで巻いた「レインボースパイダー」、マヨネーズで味付けされたカニサラダに白身の魚が乗った「フレンチキス」など。中身もネーミングも独自に進化しています。レインボースパイダーをつまみながら、松竹梅の日本酒やサッポロビールを飲む、というのが典型的なアメリカ人のSushiの食べ方です。外食のほとんどはSushiという人も少なくありません。若いカップルのデートスポットにもなっています。

「これは寿司ではない」「白人が握る寿司はたべない」という日本人がいます。考えてみると、日本人は、日本人シェフがつくるイタリアンやフレンチを喜んで食べています。喫茶店では、日本で独自に進化した「ナポリタン・スパゲティ」が人気です。レインボースパイダーは「寿司」ではなく、アメリカの「Sushi」として受け入れるべきではないかと思います。これはこれで美味しいです。

 
[June 09 2015]  No 031843181

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ