2分でわかるアメリカ

2015/05/28「1ドル=175円まで行く」との見方

景気改善を示すアメリカの経済指標の発表が相次いだことや、FRB幹部のタカ派的な発言などをきっかけに、FRBが年内に利上げに踏み切るとの観測が一段強まりました。これを背景に、外国為替マーケットでドルが幅広く買われています。特に、ドルは対円で大幅に上昇しました。

27日の欧米マーケットでは、日本の当局者が急ピッチの円安に対し強い懸念を示さなかったことから円売りが加速、一時8年ぶりの水準である124円ちょうど近辺までドル高円安が進みました。

テクニカル・アナリストの間では、2007年6月につけた124円14銭が目先のドル円の高値目処との見方が多くあります。ただ、それは通過点に過ぎず、さらにドル高円安が進むとの見方が少なくありません。極端な見方もあります。

通貨や商品先物の元トレーダーで、大手金融機関やヘッジファンド、中央銀行などが購読しているアメリカの投資情報「ガートマン・レター」の編集責任者デニス・ガートマン氏が26日、CNBCに出演、「ドル円の上昇ははじまったばかり」との考えを示しました。

この中でガートマン氏は、「ドル円は今後数年で200円、少なくとも175円まで上昇する」と語りました。日本企業は過去の円高局面で効果的にうまく乗り切ったとした上で、ドル円が175円になると、円安効果で業績が上向くだろうとしています。日米のファンダメンタルズの違いを背景に、円は今後大幅に安くなるが、日本の株式相場は大幅に上昇するとの見方を示しました。

円相場が今後40%超下がるというガートマン氏の見通しは中長期的なもので、すぐに175円までドル高円安が進むとは言っていません。ただ、ドル円相場の「潮目が変わった」との見方が少なくありません。シティバンクのアナリストは、「為替相場の過度の変動に対するマーケットの警戒感がドル高円安のスピードに歯止めをかけることがあるだろうが、潮目は変わりはじめている」と顧客向けメモでコメントしました。

 
 [May 27 2015]  No 031843172

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.21 更新「ドクター・コッパー」示唆する危機※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)国際商品市場で代表的な非鉄金属である銅相場の下げが止まりませ…
  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ