2分でわかるアメリカ

2015/05/08アメリカの中国

アメリカで、中国関連のニュースが最近特に目立ちます。一般紙や経済紙、テレビの主要なニュース番組で、日本を含めた海外ニュースと比べ扱いの大きさ、多さが飛び抜けています。中国にポジティブなニュースもネガティブなニュースも。

今日7日は、中国のアリババの張勇COOがCEOに昇格する人事がアメリカで幅広く報じられました。アリババはこの日決算を発表したのですが、それよりも人物に焦点を当てた報道は、日本のメディアと切り口が違います。張勇氏が英語でインタビューに答えています。アリババは、アメリカでビジネスを展開していませんが、アマゾンと並ぶ世界有数の電子商取引会社として、動向がアメリカで最も注目される企業の一つになっています。

前日には、経済チャンネルのCNBCが、中国発のハンバーガー店がニューヨークにオープンすると報じました。Uncle Sam’sという店で、シュウマイ入りやカルビ入りなどアジア風味付けをした少し高めのハンバーガーを提供します。アメリカでは、ファーストフードのマクドナルドが苦戦する一方、ファーストカジュアルのShake Shackなどが伸びていますが、Uncle Sam’sは、値段やコンセプトなどがShake Shackと真っ向から対抗する内容です。北京に2店舗しかないそうですが、「街のニュース」をCNBCが取り上げたことに少し驚きました。

一方、Los Angeles Timesはつい最近、ロサンゼルスのダウンタウンが中国企業の大規模開発で高層インテリジェントビル街に変わりつつあるとトップで詳しく報じました。中国の大手不動産開発会社の女性CEOが次々と高層ビルの建設に着手しているとしています。

アメリカで「中国」が連日大きく報じられるのは、それだけ注目され、影響度が高くなっているからだと思います。これまでは「中国は異質」という切り口の報道が多かったのですが、いまでは同じ価値観を共有しアメリカと競争する、もしくは動向がアメリカに大きく影響するという切り口になっています。世界はすでに、米中2大国時代になっていると感じます。

 
[May 07 2015]  No 031843158

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.24 更新ソフトバンク孫氏、個人投資で大損社会現象と言えるほど騒がれたビットコイン。インターネット上の仮想通貨です。中国でのブームが去った後、日本の個人投資家が積極的に買ったとされています。2017年1…
  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ