2分でわかるアメリカ

2015/05/07「金利」以外で注目されたFRB議長

いま、世界の外国為替相場に最も影響を与える人物はFRBのジャネット・イエレン議長だと思います。いつ利上げに踏み切るのか、どのようなペースで引き締めるのか。少なくとも年内は、イエレン議長の言動に一喜一憂する展開が続くとみられます。

ただ、イエレン議長がいま、金融政策とは別の問題で注目を集めています。

アメリカ司法省は、2012年9月に開催した金融政策を決めるFOMCの議事録が漏えいした問題をめぐり調査をはじめました。きっかけになったのは、民間情報会社メドレー・グローバル・アドバイザーズ(MGA)が、議事録公表の1日前に詳細を伝えたことでした。FRB内部からリークされたと疑われています。イエレン議長は、MGAのアナリストと同じ年の6月に面会していたことを認めましたが、「機密事項は絶対に伝えていない」と共和党下院議員2人に対する書簡の中で明らかにしました。

MGAは、大物投資家ジョージ・ソロス氏の政治ストラテジストだったリチャード・メドレー氏が1997年に創業した情報会社です。日本では、かつて橋本政権に食い込んでいたことでも知られています。メドレー氏は、プライベート・エクイティ会社により買収された際に退社しています。ゴールドマン・サックスも少数株主として投資しました。2010年には、Financial Timesが買収しました。ニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、そして東京に拠点があり、その情報が外国為替相場などに影響することが時々あります。

イエレン議長がMGAのアナリストと面識があったことで、疑惑が広がる形になりました。今後、議会を中心に、イエレン議長が徹底的に追求される可能性があります。

きょう6日は、これとは別に、イエレン議長の発言がウォール街で話題を集めました。ワシントンDCで開かれたIMFの会合の中で、イエレン議長は「株式相場が非常に高い。危険な可能性が存在する」と述べました。FRBの議長が株式相場の水準に言及するのはきわめて異例のことで、ニューヨーク株式マーケットが動揺しました。

イエレン議長は、経済ニュースのナンバーワン・メーカーです。

 
 [May 06 2015]  No 031843157

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ