2分でわかるアメリカ

2015/04/22米中の時代

水をテーマにした「O(オー)」。火をテーマにした「KA(カー)」、ビートルズをフィーチャーした「LOVE(ラブ)」、マイケル・ジャクソンの「One(ワン)」など。シルクドソレイユのショーはラスベガスの定番です。日本から来た人には「一生に一度は見た方が良い」と勧めています。想像を超えるスケールの完成度が高いショーです。

1984年にカナダのモントリオールに設立されたシルクドソレイユは、株式の90%を創業者のギー・ラリベルテ氏が保有していました。しかし、その大半をアメリカの投資ファンドと複数の投資家が20日までに買収しました。投資家の中には、カナダ第2位の年金基金であるケベック州貯蓄投資、実業家のミッチー・ガーバー氏のほか、中国の復星(フォースン)が含まれています。

フォースンは、中国の民間最大のコングロマリットです。過去5年、フランスのリゾート会社クラブメッド、イタリアの高級紳士服カルッソ、ギリシャの高級宝飾品フォリ・フォリ、アメリカの女性向けアパレルのセント・ジョンなど海外企業に積極的に投資してきました。日本では、ユニゾンが所有していた不動産投資のイデラ・キャピタル・マネージメントの98%を買いました。買収のほとんどは、ブランドやノウハウを中国本土に持ち込むことが狙いだとみられます。

シルクドソレイユのショーはマカオでも人気でした。観客のほとんどは、中国本土から訪れた観光客でした。2012年に興行を停止しましたが、待望論が高まっていました。株式の相当量を保有したことで、今後、シルクドソレイユのショーをマカオで復活させ、本土でも展開することが予想されます。

金融、不動産投資、家電のほか、文化が絡むエンターテイメントの分野にも中国が進出したことは、いまの時代を象徴するものだと言えます。米中時代が一段と進む予感がします。

 
 [April 21, 2015]  No 031843143

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.25 更新原油、4年ぶり高値に急伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ大統領は先週、「市場を独占するOPECはいますぐ原油価格を下げろ」…
  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ