2分でわかるアメリカ

2015/04/18「お金持ちの掟80」あのレストランへ世界の富豪が通う

ちょうど1年前、親しくしている富豪のロシア人の家族が日本を旅行するというので、我が家も日程を合わせました。ディスカウント・チケットを買って羽田へ向かったのですが、友人家族は大分空港から日本に入りました。家族5人がプライベートジェットで。ファーストクラスより安かったからだと話していました。

友人のように「ノーリミットな(お金に制限がない)人」は、旅行先によってファーストクラスとプライベートジェットを使い分けます。中距離、短距離はプライベートジェットを利用することが多いです。

ロシア人の友人は、プライベートジェットのカウンターに置いてあった雑誌を持っていました。雑誌に掲載されていた東京の寿司屋に行ってみたいから予約してほしいと。残念ながら、1ヶ月先までいっぱいで、他の寿司屋にしました。少し大きめの雑誌はこれまで見たこともないものでした。

ニューヨークの出版社が定期的に発行している「Elite Traveler(エリート・トラベラー)」。年間講読料は150ドルと極端に高いわけではありませんが、購読者の年収の中間値が228万ドル(約2億7360万円)で、どの雑誌より高い。旅行、宝石、時計、高級車などを特集するプライベートジェットを利用する人のための雑誌です。この中で、世界の富豪が毎年注目しているのが、「世界のトップレストラン100」です。

最新の「2015年版世界のトップレストラン100」が4月はじめに公表されました。1位に輝いたのは、アメリカ・シカゴにあるALINEAです。コンテンポラリー料理が18皿から22皿のコース。カニが有名だそうです。ミシュラン3星。2年連続のトップなので、世界の富豪が通ったことは間違いと思います。

2位と3位はスペインのレストラン、4位はアメリカ・ニューヨークのEleven Madison Park、5位はイギリスのThe Fat Duck。日本のレストランで最もランクが高かったのは15位の未在です。京都の東山にある懐石料理の老舗。ミシュラン3星で予約困難だと聞きました。

国別では、アメリカが19軒と最も多く、我が家の近所にあるフランス料理のMelisseも86位に入りました。2度行ったことがありますが、味よりも価格設定が非常に高いことに強い印象を得ました。当たり前ですが、庶民向けではありません。このほか、国別では、フランスが14軒でアメリカに次いで2位。イギリスとスペインがそれぞれ8軒で3位でした。5位はイタリアの7軒。日本、ドイツ、中国がそれぞれ6軒で、国別の6位でした。

エリート・トラベラーのレストラン100は、プライベートジェットを利用する読者が選んだもの。ミシュランの星がついたレストランより数が少なく、世界に散らばっているため、参考にしながらグルメを楽しむ富豪がいます。少なくともロシア人の富豪の友人はそうしています。 いずれのレストランとも料金は1人あたり約5万円+ワイン。余裕のある方、話の種にいかがですか。http://bit.ly/1xvYb1H
 

[April 17, 2015]  No 031843141

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…
  • 2018.12.06 更新第41代アメリカ大統領ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ第41代アメリカ大統領の葬儀が5日、ワシントンで営まれました。国葬は2007年のジェラルド・フォード第38代大統領の葬…
  • 2018.12.05 更新逆イールド、景気後退の恐怖通常、償還期間が短い債券の利回りは、期間が長い債券の利回りより低い。例えば、2年債の利回りは10年債利回りより低い。ただし、逆転することがあります。金融業界で「…
  • 2018.12.04 更新米政府閉鎖めぐる駆け引きアメリカ連邦政府の2019年会計年度(18年10月〜19年9月)の正規予算はまだ成立していません。今週金曜日7日までに合意しなければ、政府機関の一部が閉鎖される…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ