2分でわかるアメリカ

2015/04/17グローバルマクロ投資の道標

アメリカの財務省が15日に発表した国際資本収支統計によりますと、今年2月末時点の米国債の保有高は、日本が1兆2244億ドルとなり、金融危機以来、6年半ぶりに最大の保有国になりました。1月末までトップだった中国は1兆2237億ドルで僅差に2位でした。

日本ではアベノミクスによる金融緩和による円安が進行しました。2012年12月の安倍首相就任以来、日本の個人や法人が速いペースで米国債を買い、 世界最大の年金ファンドである日本の公的年金基金も米国債を買ったとみられます。日本の米国債保有は2年半で1132億ドル増加しました。

一方、中国では、成長の鈍化を背景に資本が流出する兆候が強まっています。中央銀行である人民銀行が人民元を支えるために外貨準備の一部を売却したとの観測もあります。

Bloombergは、米国債が依然として世界で最も好まれる資産であるのは、アメリカが傑出した準備通貨を発行、最も流動性が高い資本市場を持つ国として、資金調達の比類ない柔軟性を備えているためだと伝えました。その上で、「日本と中国の動きが変化したのは、外貨準備の必要性と両国の通貨の動きが一因だ。グローバルマクロ投資の道標だ」とのRBS証券のストラテジストのコメントを紹介しました。

ただ、中国は、保有高4位のベルギーや8位のイギリスなどに米国債を保有しているとみられ、実際には日本より保有高が多い可能性があります。アメリカ財務省は、これらの中間保有を正確に把握していません。アメリカのマーケットは、依然として中国、中国人投資家の影響を大きく受けることに変わりはありません。

いずれにせよ、日本と中国の米国債の保有高は世界で突出していて、全体の約4割を占めています。すごいとあらためて思います。同時に、日本が米国債を買うことで、利回りが低下、アメリカ人の住宅ローン金利などを低く抑えるのに貢献。また、利回り低下でドルの上昇を抑えていること、などを考えると不思議な気持ちになります。

 
 [April 16, 2015]  No 031843140

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ