2分でわかるアメリカ

2015/04/10心を洗いたい人に見て欲しい

ポルトガルのリスボン大学の獣医が先月末、クラシック音楽が猫の手術に効果的、とする研究論文を発表しました。12匹のメス猫の手術を対象にした小規模な調査の結果ですが、手術中にクラシック音楽を流すと、猫が暴れることなく手術を受けたとしています。反面、ヘビメタのAC/DCを流すとストレスが高まり、手術がしにくかったそうです。クラシック音楽はストレスを緩和する効果が幾分あるとの結論です。

個人的な話で恐縮ですが、自動車を運転する時は、出来るだけクラシック音楽を聴くようにしています。気持ちが落ちつき、渋滞でもイライラしないからです。

もうひとつ個人的な話。脳を休めたいとき、リラックスしたいときは、iPadで短いビデオをみるようにしています。気持ちがすっきりするビデオ。いずれも、イギリスのテレビ番組「Britain’s Got Talent」のクリップです。一芸に秀でた素人を発掘する人気番組で、スーザン・ボイルさんで有名になりました。ユーチューブで視聴できます。もちろん無料。

もっともよく見るのは、6歳の少女コニー・タルボットちゃんの歌です。番組審査員のアマンダ・ホルデンさんが涙を流しながら聴いているカットが映りますが、このクリップ、なぜか涙が出ます。これまでに何回もみましたが、いつも涙が出ます。 英語のヒアリングが苦手な人にも伝わると思います。2007年のビデオですが、1億5000万回近く再生されています。静かな部屋で、ゆっくりと聞いてみてください。心が洗われます。http://bit.ly/1qGaqS9

次は勇気がでるビデオ。16歳の少女と17歳の少年によるデュオ。2012年のビデオで、5700万回以上再生されています。少年のジョナサンのルックスをみた会場と審査員の期待値が低かったのですが、驚きのパフォーマンス。凄いです。http://bit.ly/1JpUpbP

最後は、夜寝る前に見たいビデオ。2013年のビデオ。アリス・フレデンハムさんのハスキーボイス、そして歌った後の審査員のコメントを聞きながら泣いてしまう表情は心を温かくします。再生回数は2500万回。http://bit.ly/1mcWsG2

お試しください。

 
[April 09, 2015]  No 031843135

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…
  • 2019.04.17 更新勝てるかも、米大統領候補の新星2016年11月の大統領選でトランプ大統領が大方の予想に反して勝利したのは、アメリカ人が「変化」を求めていたからではないか。個人的にそう思います。当時、民主党の…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ