2分でわかるアメリカ

2015/03/14「お金持ちの掟76」スピード違反で罰金696万円

ヨーロッパの一部の国、特に北欧では、スピード違反の罰金額は収入に応じて決まります。所得が多ければ多いほど、罰金が高くなる仕組み。フィンランドもオーバーしたスピードではなく、年収によって罰金が高くなったり、低くなったりします。

フィンランドのビジネスマン、レイマ・クスラ氏が今月はじめ、制限速度80キロの道路を103キロで走行して地元の警察に捕まりました。23キロのオーバー。2014年の所得申告はまだなので、2013年の申告を警察が確認したこところ、650万ユーロ(約8億3850円)の所得がありました。罰金は5万4000ユーロ(約696万円)でした。クラス氏がどんなに驚いたことか。

クスラ氏は「10年前に、海外移住を真剣に検討するなんて考えてもいなかった」とフェイスブックに投稿しました。地元の新聞が最初に報じ、BBCなどが伝えました。

フェイスブックなどソーシャル・メディアで大きな反響を呼びました。クスラ氏に同情するのは少数派、ほとんどは「違反したことを反省すべきだ」などとコメントしています。

BBCによりますと、2002年に携帯電話会社ノキアの幹部が11万6000ユーロ(約1496万円)の罰金を払いました。ノキアの幹部は、ハーレー・ダビッドソンのオートバイでスピード違反しました。年収は1400万ユーロ(約18億円)だったそうです。収入も罰金もスケールが大きい。

調べてみると、上には上がありました。ドイツではスピード違反罰金の過去最高額は160万ドル(約1億9360万円)だとCNBCが伝えています。2010年には、スイスでフェラーリを運転していた2000万ドル(約24億円)の個人資産を持つお金持ちが、29万ドル(約3509万円)のスピード違反チケットを切られたそうです。

所得に応じて罰金を科すことは、資産家にも制限速度を遵守させるという狙い、そして財政を助けるという2つの意味があるように思います。


[March 13, 2015]  No 01056578



    


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ