2分でわかるアメリカ

2015/03/12相次ぐ超長期債の起債、ユーロはファンディング通貨に

Financial Times(FT)のBonds&Rates欄には、世界15の国もしくは地域のオーバーナイトの金利、政策金利、そしてマーケットの金利が表示されています。マーケットの金利では、ユーロ圏、スウェーデン、スイスがマイナス金利、1%未満の金利は他に6か国あります。「失われた20年」を経た日本では当たり前になっているかもしれませんが、これほど幅広い国や地域で超低金利になるのは歴史的なことです。

FTのCapital Markets欄では、世代を超える長期債の起債が歴史的な高水準になっていると報じています。歴史的な低金利を背景に、世界中の国や地域、そして企業が自分の世代に償還を迎えない超長期の債券を相次いで起債しているとしています。30年以上の債券の発行額は、年初からこれまでに690億ドルに達し、前年同期比で12%増、10年前の倍の水準だと伝えました。

イギリス政府は10日、2068年に償還期を迎える53年債を起債しました。強い需要があり、イギリス政府は2.62%という低金利で資金を調達しました。「1世代は30年」と言われますから、確かに世代を越えた債券であり、借金です。

FTによりますと、去年はメキシコ政府とフランスの電力会社EDFが100年債を起債しました。また、カナダ政府とスペイン政府が初めて50年債を起債。企業でもアメリカの重機大手のキャタピラーが50年債で資金を調達しました。

ECBが量的緩和(QE)を開始したばかりで、当面、超長期債ブームが続くことが予想されます。ただ、FRBが年内にも、そしてイングランド銀行が来年2月にも利上げに踏み切ると予想される中、ブームがいつまで続くかは不透明です。

ヨーロッパでは美術館の修復に300年をかけるという話を聞いたことがあります。何世代にも渡る超長期プロジェクトです。ロマンを感じます。ただ、何世代にも渡って借金することについては、いろいろ考えさせられます。

いまやユーロ圏の利回り水準は日本をも下回っています。超長期債のブームのほか、ユーロで資金を調達し、他の国や地域で運用する「ユーロのキャリートレード」ブームを招きつつあります。

 
[March 11, 2015]  No 01056576

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ