2分でわかるアメリカ

2015/03/10アップルのダウ採用

アメリカや日本、ヨーロッパ、中国などで来月24日に発売する、アップルウォッチの詳細を発表するイベントがサンフランシスコで開かれました。アップルの企業としての注目度は、ハイテクというセグメントだけではなく、世界のどの企業より高いため、今日から明日にかけて世界中のメディアが「アップルウォッチ」を取り上げることは明らかです。「18Kウォッチは凄い」とか「広がらないウェアラブルを変えるか」など。アップルは、アメリカのほか、台湾、中国、韓国、そして日本の部品メーカーを支えていますが、メディアの編集者をも助けていると言えます。

アップルについては、ダウ工業30種平均の指数委員会のメンバーも注目していました。The Wall Street JournalとS&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズの代表者からなる委員会は先週、今月18日の取引終了後にアップルを構成銘柄に組み入れ、AT&Tを除外すると発表しました。

アップルの組み入れは去年から噂されていました。アップルが去年6月9日に1株を7株にする株式分割を実施したことにより、ダウ指数組み入れの全ての条件が整ったためです。

The Wall Street Journalは、アップルのダウ採用が去年の株式分割時だったら、現在の指数は1万9000ドルに迫っていたと伝えています。9日のダウは上昇しましたが、まだ1万8000ドルを下回った水準。アップル株は年初から15%上昇、時価総額は約7400億ドル(約89兆円)と世界最大です。

アップルのダウ指数での比重は4.7%になるそうです。S&P500より少し大きい比重。ただ、ナスダック総合指数の10%よりは大幅に低い比重です。時価総額が大きいアップル株の動きはナスダック総合指数に大きく影響しますが、ダウへの影響はS&P500とほぼ同じになります。これが時代にあっているかどうか、全体の株価の動きを正確に表しているかどうかは意見が別れるところです。

Reutersは、ダウ指数は、経済構造がずっと単純でコンピュータなどなかった時代から引き継がれていて「時代遅れ」とした上で、アップル採用で延命をはかったとするコラムを掲載しました。

 
[March 09, 2015]  No 01056574

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…
  • 2018.12.06 更新第41代アメリカ大統領ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ第41代アメリカ大統領の葬儀が5日、ワシントンで営まれました。国葬は2007年のジェラルド・フォード第38代大統領の葬…
  • 2018.12.05 更新逆イールド、景気後退の恐怖通常、償還期間が短い債券の利回りは、期間が長い債券の利回りより低い。例えば、2年債の利回りは10年債利回りより低い。ただし、逆転することがあります。金融業界で「…
  • 2018.12.04 更新米政府閉鎖めぐる駆け引きアメリカ連邦政府の2019年会計年度(18年10月〜19年9月)の正規予算はまだ成立していません。今週金曜日7日までに合意しなければ、政府機関の一部が閉鎖される…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ