2分でわかるアメリカ

2010/03/11カルトワインと景気




実は、7年ほど前からワインにはまっています。親しくなった脚本家の友人の影響を受けました。友人は、ボルドーとナパワイン専門で3500本を自宅セラーで眠らせています。

僕も、娘が生まれた年のボルドーつまりビンテージワインを100本も買い、ワインアドヴォケイトやワインスペクテーターといった専門誌を購読、評価の高いナパワインなどを買い続けています。

ナパをはじめとするアメリカ西海岸のワインの中にカルトワインというのが存在します。ワインアドヴォケイトを主宰するロバート・パーカー氏が、高得点(100ポイント制)をつけ、しかも生産量が極端に少ないワインです。特に100ポイントのワインは超希少で、値段が5倍から10倍になります。
 ちょっと見にくいかもしれませんが、写真の左側の 2002年のクゥイルシーダ・クリーク(QUILCEDA CREEK)と1994年のハーラン(HARLAN)は、100ポイントワインです。いま約4万円と約10万円で取引されています。 写真の手前の手紙のようなものは、スケアクロウ(SCARECROW)というワインを購入するためのパスワードが記された招待状です。  

2年以上待って、やっと手に入れました。明日深夜零時から買う権利が発生する2007年のワインは、やはり100ポイントです。一本約2万円で3本買うことが出来ます。ネット上では既にプレミアがつき、一本10万円ほどでオークションが始まっています。

景気の低迷で、これまでワインショップの棚に並ぶことがなかったカルトワインの多くが、2年前と比べ3割近く安い値段で売られています。ただ、100ポイントのウルトラカルトワインはまだまだ健在です。スケアクロウを3本注文する予定です。

「自分で飲むの?」とお聞きになりたいですよね。もちろん売ります。

[March 10, 2010] No 01008

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ