2分でわかるアメリカ

2015/02/21「お金持ちの掟73」イチローの部屋、借りませんか

少し前のことですが、妻がロシア人の友人の家族が半年ほど過ごす賃貸住宅を探す手伝いをしたことがあります。友人は富豪、家賃の目安は10万ドル(約1200万円)でした。1ヶ月分の家賃です。「そんなに高い賃貸住宅があるわけがない」と思ったのですが、想像以上に多く存在しました。約20軒を視察、結局、ビバリーヒルズの一軒家を借りました。家賃はちょうど10万ドルでした。ロシア人の友人は当時、ゴルフに凝っていて、ゴルフ場が近い郊外の一軒家も同時に借りました。こちらの家賃は6万ドル(約720万円)でした。

上には上があります。

New York Postは18日、月30万ドル(約3600万円)の賃貸住宅が登場したと報じました。マンハッタンのマジソン街に近い20 E.76th Streetにあるビルのペントハウス。広さは約110平米しかありません。リビングと寝室からなる1ベットルーム、日本風に言えば1LDKのコンドミニアムです。豪華な家具付きで、アン・ハミルトン、ジョナサン・ボロフスキー、ナタリア・エデンモント、そしてメル・ボクナーの現代アートが飾られています。小さい美術館に住むという感じでしょうか。

30万ドルのコンドミニアムの近く、2 E. 61st StreetにあるThe Pierreには、家賃15万ドル(約1800万円)のコンドが3つ、家賃12万ドル(約1440万円)が1つ、賃貸に出ています。いずれも家具付き1ベットルーム(1LDK)です。The Pierreはセントラルパークに面し、「プラザ合意」で知られるThe Plazaから徒歩1分です。

一方、ヤンキースからマイアミのマーリンズに移籍したイチローのアパートも賃貸に出ているとNew York Postは伝えています。111 Central Park Northにあるビルの1フローアで、ベットルームが6つあります。約500平米と広い。セントラルパークが360度見渡せるそうです。家賃は月3万2000ドル(約384万円)。

イチローのアパートは同時に買い手も探していて、売値は1000万ドル(約12億円)を少し下回った額だとNew York Postが報じました。
アパートはマンハッタンのハーレム地区に位置していて、資産家に人気があるアッパーイースト地区と比べ価格が抑えられています。

この手の住宅を借りる人は、金銭感覚が別次元なので、3万ドルでも30万ドルでも、あまり関係ないのかもしれません。



 [February 20, 2015]  No 01056563

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…
  • 2019.04.17 更新勝てるかも、米大統領候補の新星2016年11月の大統領選でトランプ大統領が大方の予想に反して勝利したのは、アメリカ人が「変化」を求めていたからではないか。個人的にそう思います。当時、民主党の…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ