2分でわかるアメリカ

2010/08/13一通の手紙で1兆円が消えた


HP(ヒューレット・パッカード)のマーク・ハード会長兼CEOが、セクハラ疑惑に絡んだ不適切な経理処理で6日辞任しましたが、ウォール・ストリート・ジャーナルは、連日、続報を詳しく伝えています。

なぜならマーク・ハード氏が、アメリカで最も優れた経営者の一人だったからです。
 

ことの発端は一通の手紙です。元女優でHPの契約社員だったジョディ・フィッシャーさんの弁護士が、HPの取締役会宛に送りました。「マーク・ハード氏からセクシャル・ハラスメントを受けた」と訴える内容でした。

取締役会は社外の専門家を雇い、詳しく調査しましたが、「セクハラ違反はなかった」と結論づけました。しかし、取締役会は、日本円で200万円程度の経費を不適切に請求していたとして、マーク氏を事実上解任しました。

HPほどの大企業の最高経営責任者が、経費の精算を自分で処理することは考えられませんから、おそらく秘書やスタッフのミスであった可能性が高そうです。それでは、なぜ解任されたのか。おそらく取締役会は、ジョディ・フィッシャーさんの弁護士の手紙が公表されるのを恐れた為ではないか、とみられています。それにしても、解任の理由が弱い気がします。他に理由があるのかもしれません。

ロサンゼルスには、ハリウッド・スターやモデルを夢見て、全米、全世界から「美しい人」が集まります。一躍有名になったジョディ・フィッシャーさんもその1人です。学生時代にプレイボーイ誌にピンナップが掲載された後、ロサンゼルスに引っ越し、セクシースリラー映画などに端約として出演していますが、スターにはなれませんでした。ジョディーさんは、「ハード氏の辞任に驚いている」とのコメントを出していますが、本当にそうでしょうか。

マーク・ハード氏は、HPを高収益体質の会社に変えました。マーク・ハード氏退任でHPの株価は急落,時価総額が日本円で1兆円以上も少なくなりました。オラクルのラリー・エリソンCEOは、「HPがマーク・ハード氏を失ったのは、アップルがスティーブ・ジョブズを失ったのに等しい」とコメントしています。

HPの取締役会が何を守りたかったのかは謎ですが、一通の手紙に対する取締役会の対応で、失った代償はあまりに大きいといえます。


[August 12, 2010] No 010226

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ