2分でわかるアメリカ

2015/02/12キャリー取引の巻き戻し、トルコだけじゃない

このところ、トルコリラの下げが目立ちます。6月に選挙を控えたエルドアン大統領の政治圧力が強く、中央銀行が24日の会合で追加利下げするとの観測が背景にあります。去年9月に9.8%だったトルコリラ建て10年債の利回りが8%以下に低下しています。

トルコリラ安の背景には、個別の問題のほか、世界的な資本の流れの変化があると指摘されています。

金融危機以降、FRBが事実上のゼロ金利を導入、大型の量的緩和を実施したことで、ドルで調達した資金が新興国に大量に流入しました。いわゆるドルのキャリートレードです。相対的に金利水準が高かったトルコはその恩恵を最も受けた国の一つでした。しかし、状況が変わりました。

アメリカの景気回復が進み、FRBが量的緩和を終了、早ければ6月にも利上げに踏み切る可能性があります。原油安などが影響してインフレ率が低いため、まだ不透明ですが、FRBの金融政策は引き締め方向にあります。最近のFRB要人発言からも明らかです。

Financial Timesは、ドルのキャリートレードの巻き戻しが広がっていると伝えました。キャリートレードの投資先で最も好まれた国の一つであるトルコのほか、ブラジルにも影響が及んでいるとしています。チャートでみると、トルコリラの対ドル相場とブラジル・レアルの対ドル相場の動きはコピーしたように一致しています。FTは、中国からも外国の資金が流出していると報じました。

コメルツバンクのストラテジストは、ECBが量的緩和を実施、FRBがおそらく第3四半期(7-9月)に利上げに踏み切るとみられるため、キャリートレーダーに投資機会が訪れるとFinancial Timesにコメントしました。低金利という環境でも、新興国通貨建て債を投資家が保有し続けるだろうとしています。トルコ、ブラジル、ロシアなどの市場で資金が入ったり、出たりする状況が継続するとストラテジストが予想しました。

主要国の金融政策が、外国為替マーケット、特に新興国通貨の相場に当面影響するとみられます。

 
 [February 11, 2015]  No 01056556

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.25 更新原油、4年ぶり高値に急伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ大統領は先週、「市場を独占するOPECはいますぐ原油価格を下げろ」…
  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ