2分でわかるアメリカ

2015/02/10現実味おびてきたギリシャの離脱

ギリシャのツィプラス首相は、8日夜の議会演説の中で、最低賃金の引き上げやインフラ民営化の停止を明言、緊縮策を条件としたEU、ECB、そしてIMFのトロイカによる国際支援を拒否する方針をあらためて表明しました。

ギリシャ政府は先週、ユーロ圏主要国と相次いで会合を持ち、債務再編とつなぎ融資を求めましたが、交渉は決裂しました。ユーロ圏は11日にギリシャ問題に関する緊急財務相会合を開きますが、難航は必至です。

これまでに合意したギリシャへの国際支援は今月末で期限を迎えます。新たな金融支援やつなぎ融資がなければ、ギリシャは3月はじめに資金不足に陥る恐れがあります。そうなれば、ギリシャがデフォルト(債務返済不履行)を余儀なくされる見通しです。ギリシャがユーロ圏を離脱し自国通貨を再導入する可能性が現実味を帯びてきました。

ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン氏はThe New York Timesのコラムの中で、ツィプラス政権は過去5年のギリシャ政権と全く別だということを理解すべきだと主張しました。ユーロ圏の小国のリーダーには引退後にBISやIMF、EUなどの要職につくという思惑があったが、ツィプラス政権は急進左派であり、その可能性がないと指摘しました。ドイツやEUがこれを理解していないと、危険な方向に進むことになるとしています。

FRBのグリーンスパン元議長は、BBCラジオのインタビューに答え、ギリシャのユーロ離脱は時間の問題だと語りました。グリーンスパン元議長は「ユーロ圏にとどまることはギリシャの助けにならないし、ユーロ圏諸国にプラスにならない」と指摘した上で、「ユーロ圏離脱が最善の策だと一致するのは時間の問題だ」と述べました。

イギリスのキャメロン首相は9日、ギリシャのユーロ圏離脱に備え緊急会合を開きました。ユーロ圏加盟国、ヨーロッパの主要機関、マーケット関係者、それにアメリカも「ギリシャ離脱シナリオ」の対策の検討をはじめたと想像します。

 
 [February 09, 2015]  No 01056554

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ