2分でわかるアメリカ

2015/02/04ベッド脇に銃、銀行家はスパイだった

1990年台半ばにモスクワに駐在していた際、元KGBのスパイの話を頻繁に聞きました。スペイン人夫婦になりすましてマドリッドに長期滞在していた話など、テレビも盛んに元スパイらのインタビューを放送していました。興味深く見入っていたことを記憶しています。

冷戦時代、アメリカ政府はCIAを中心に旧ソビエトで諜報活動を幅広く展開していました。ソビエト崩壊後は活動の規模を縮小、一方でテロリストへの諜報活動を積極化しました。諜報活動、つまりスパイ行為には、CIAの職員だけではなく、一般のビジネスマンも深く関与していたことが明らかになりました。

The Wall Street Journalは、メリーランド州の銀行幹部が元スパイだったと詳しく伝えました。バンク・オブ・バルチモアの元会長兼CEOのエドウィン・ヘール氏で、1990年代はじめから10年に渡りCIAに深く協力していたと告白しました。

ヘール氏は、CIAと緊密に連絡をとりながら架空の運輸会社を設立していました。ダミー会社の出張で世界中に飛び、テロ組織アルカイダを率いたウサマ・ビン・ラディン氏の所在やお金の流れをスパイしていました。

過去に3度もの飛行機事故から生還したヘール氏は現在68歳。屋内サッカーのプロチームのオーナーをしているヘール氏は、秘密を守ることに耐えられなくなったようです。恐怖から自宅には防犯カメラを設置、いまでもベッドの脇にショットガンを置いているそうです。

ヘール氏が国際的なスパイだったことは身内も知りませんでした。娘がショックを受けたほか、友人や元部下が強い衝撃を受けています。ヘール氏は告白したことで、少し楽になったのかもしれません。

ヘール氏の最近の趣味はフラワー・アレンジメント。2000年に公開された映画「ミート・ザ・ペアレンツ」で元CIAを演じたロバート・デ・ニーロに少し似ているとThe Wall Street Journalの記事は結んでいます。

冷戦が終わった今も、スパイが身近にいる可能性があります。いろいろ考えさせられます。

[February 03, 2015]  No 01056550

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…
  • 2018.06.14 更新歴史的会談めぐる認識ギャップトランプ大統領は13日、金正恩朝鮮労働党委員長と会談したシンガポールから帰国しました。エアフォースワンがワシントン郊外のアンドリューズ空軍基地に着陸した直後、北…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ