2分でわかるアメリカ

2015/01/30マクドナルドに何が起こっているのか

スターバックス、アップル、ナイキなど世界の主要都市にはアメリカ・ブランドがあふれています。世界のレストランのメニューには、必ずコカコーラもしくはペプシコーラがあります。海外を訪れる度、アメリカ企業が世界を支配していると感じます。その中で最も存在感があるのがマクドナルドです。いま、イスタンブールに滞在していますが、どこに行ってもマクドナルドのMマークが目に付きます。

そのマクドナルドが苦境にたたされています。時価総額10兆円、世界3万5000店を展開するマクドナルの頂点にいるドン・トンプソンCEOが辞任しました。就任後わずか2年半での辞任。理由は公表されていませんが、主力のアメリカ市場での売上高が2年連続で減少した責任をとったとみられています。

なぜ、アメリカ市場で苦戦するのか。若い層のマクドナルド離れが進んでいることが背景です。バーガーキング、カールスジュニア、ファットボーイズなど他のバーガー・チェーンとの競争が激化したというより、「ファースト・カジュアル」と呼ばれる新型のレストラン・チェーンに客を奪われています。

メキシコ料理のChipotle(チポトレ)は全米で大成功しました。店舗数は1700を超えました。Shake Shack(シェークシャック)は、ハンバーガー以外にホットドッグなども扱う「ファースト・カジュアル」レストランですが、29日に新規株式公開を果たしました。まだ69店舗しかありませんが、急拡大することが予想されます。高級パンのサンドイッチで知られるPanera(パネラ)も急成長しています。いずれも、マクドナルドより高い価格設定ですが、高品質が若い層の心をつかみました。

マクドナルドの新CEOに、イギリス人のスティーブ・イースターブルック氏が就任しました。1993年にPWCから移籍したイースターブルック氏は、「不健康な食」というネガティブ・キャンペーンで低迷していたイギリスの1200店舗の総売上高を短期間で10%増やした実績があります。

イースターブルック新CEOは難しい課題に取り組むことになります。主力のアメリカでは、肥満、賃金格差などの重い問題を抱えています。日本、ドイツ、ロシア、中国でもマクドナルドは低迷しています。CEO交代のニュースでマクドナルドの株価が上昇しましたが、挑戦はこれからです。

 
[January 29, 2015]  No 01056547

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.18 更新3尺度が示す「円は安すぎる」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)マクドナルドで売られているビッグマックの価格を比較するBig…
  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ