2分でわかるアメリカ

2015/01/21使ってはいけないパスワード

スマホが当たり前の時代。携帯電話がない時代はどのようにして人と待ち合わせをしていたのか、と時々考えます。インターネットがない時代は、いまとなっては想像できないほど日々の生活の中で重要なツールになっています。

デジタル時代は、便利でスピーディーですが、やっかいなことが1つあります。パスワードです。WiFiへのアクセス、フェィスブックなどソーシャルメディアへのアクセス、新聞や雑誌のデジタル購読、銀行やクレジットカードの口座へのアクセスをはじめ多数のサイトのパスワードのルールが異なり、覚えきれません。FX口座へのアクセスもそうですね。このため、どうしても誕生日や単純なパスワードに設定しがち。当然ですが、危険です。盗まれます。

セキュリティ・ソフトウエアを提供しているスプラッシュデータが興味深い調査を実施しました。「2014年に最も人気があったパスワード」についてです。別の言い方では、ハッカーが連想しやすい「最悪のパスワード」です。

それによりますと、最も人気が高かったパスワードは「123456」
。トップ25の中で、数字だけの組み合わせが9つを占めました。「12345」が3位、「1234」が7位、「111111」も15位と人気でした。全体の2位は「password(パスワード)」でした。

このほか、「letmein(私を入れて)」は13位、「access(アクセス)」が17位でした。「superman(スーパーマン)」「batman(バットマン)」も人気でトップ25に入りました。

ところで、スプラッシュデータはどのようにして調査したのか。まさか「パスワードを記入してください」などと聞くわけにはいかないはず。去年1年間にインターネット上にリークした330万のパスワードを分析したものだそうです。

スプラッシュデータは、ソニーピクチャーズが大規模なサイバー攻撃の被害を受けて個人データが大量流出、アメリカの中央軍のツイッターとユーチューブのアカウントが乗っ取られた後だけに、連想しやすいパスワードは極めて危険だと警鐘を鳴らしています。

 
[January 20, 2015]  No 01056539

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…
  • 2018.07.13 更新トランプ大統領の交渉術※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)ベルギーのブリュッセルに駐在していた際、空港近くにある北大西洋…
  • 2018.07.12 更新街の景気はすでに悪化※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ政権が10日夜、総額2000億米ドル(約22兆4000…
  • 2018.07.11 更新アメリカで生活費が1番高いところ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)CNBCが毎年恒例の「America’s Top States…
  • 2018.07.10 更新サッカーW杯、FXへの影響※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)世界が熱狂するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。ヨー…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ