2分でわかるアメリカ

2015/01/16「大きくて悪い」アレの復活

アメリカに住んで15年になりますが、いまだに理解できないことが少なくありません。その一つがピックアップ・トラックです。

SUVでもミニバンでもトラックでもないピックアップ・トラック。日本でもヨーロッパでも見かけない巨大で燃費が悪いクルマです。でも、アメリカには「かっこいい」と思う人が結構います。テキサスなどにいくとピックアップ・トラックばかり走っています。

かつて、トヨタのアメリカ人社員が「ピックアップ・トラックを開発すべきだ」と強く主張した際、トヨタの日本人幹部は首をひねったそうです。「あんな醜い車は売れない」と。しかし、トヨタのピックアップ・トラックは、いまやドル箱になっています。トヨタは北米本社をテキサスに移しましたが、「本当のアメリカを知る」ことが狙いの一つだったのかもしれません。

デトロイトで北米国際モーターショーが開催されています。次の土曜日から一般公開されます。過去2、3年のモーターショーでは、原油高と景気低迷などを背景に、燃費が良いクルマやハイブリッド、電気自動車の新型車やコンセプトカーが相次いで発表されました。去年11月に開かれたロサンゼルス・モーターショーでも電気自動車や小型車がスポットを浴びました。しかし、今回のデトロイトは違います。

AFPは、「Big and Bad is Back(大きくて悪いが戻ってきた)」との見出しで、デトロイトで、主要メーカー各社が新型のピックアップ・トラックを相次いで発表したと伝えました。日産が巨大なTitan(タイタン)を発表、トヨタは新型Tacoma(タコマ)をお披露目しました。ピックアップ・トラックのシェアは、GM約30%、一番人気のF150を持つフォードが約30%、そしてクライスラーが約20%で、ビッグ3の合計シェアは80%を占めています。利益率が高いカテゴリーだけに、トヨタと日産はシェア拡大に必死です。

テスラを筆頭に、アメリカは電気自動車の分野で世界のトップを走っています。一方で、燃費が悪いピックアップが大人気。アメリカは面白い国だと思います。

 
[January 15, 2015]  No 01056536

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ