2分でわかるアメリカ

2014/12/30「爆発消費」はアメリカでも

産経新聞のウェブ版が「爆発消費・訪日中国人 2兆円大台突破」との見出しで、2014年に訪日した外国人による旅行中の消費金額が2兆円の大台を突破したと報じました。中国人を中心とした外国人の旺盛な買い物意欲が、減速感がみられる日本国内の消費を下支えしているとしています。

中国人による「爆発消費」はアメリカでも同様です。ハワイ・ワイキキのカラカウア通り東側にある高級ブティック街には中国人の家族やカップルが目立ちました。女性が花柄の派手な衣装、男性は比較的地味で角刈りだったので、明らかに日本人観光客ではありませんでした。シャネルやエルメスなどの紙袋をいくつも抱えていました。ビーチでも中国人が目立ちました。

週末にハワイからロサンゼルスに戻りました。ドバイから友人の家族が来ていて、一緒にビバリーヒルズのロデオドライブに行きました。いつもは歩行者が少ないロデオドライブですが、きのうは非常に混雑していました。観察すると、観光客ばかり。中東の家族やヨーロッパの観光客、そして中国人の団体が目立ちました。

ビバリーヒルズのブティックやレストランは、いまや中国人がいないと成り立たないと地元メディアが解説するほど、中国人の「爆発消費」は全米第2位のロサンゼルス経済を支えています。ロサンゼルスで観光客が落とすお金の3分の1は中国人だとロサンゼルス・タイムズが伝えています。ニューヨーク、サンフランシスコ、ラスベガスなどを加えると、中国人による消費は年2兆円をはるかに超えると想像します。それほど、中国人の購買力はすごいです。

中国の習近平国家主席が、汚職の撲滅に着手しました。共産党幹部の海外投資も厳しく制限されていると聞きます。中国国内の動きが、日本やアメリカの「爆発消費」に今後影響するかもしれません。ただ、ドル高の今も、影響は感じられません。

 
[December 29, 2014]  No 01056524

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…
  • 2018.07.13 更新トランプ大統領の交渉術※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)ベルギーのブリュッセルに駐在していた際、空港近くにある北大西洋…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ