2分でわかるアメリカ

2014/12/25マクドナルドでライスとラーメンを食べる

ホノルルにあるスーパーマーケット、SAFEWAYで食材や飲み物の買い出しに行きました。北カリフォルニアを中心に1300店舗を展開するチェーンです。ロサンゼルスではVONSというブランドを使っていますが、「中から下」のスーパー。ハワイでは「高級スーパー」だと知人から聞き、少し驚きました。

SAFEWAYでの買い物は短時間で済ます予定でしたが、妻がなかなか立ち去ろうとしません。「面白かったから」だそうです。ロサンゼルスのスーパーで見かけない商品がたくさん売っているということでした。

コーンフレークやチップスなどのスナック菓子、ピーナッツ・バターに至るまで、全米で展開する大手ブランドの商品なのに、「ココナッツ味」や「シュリンプ・チップ」などがある。ローカル向けに開発された商品が棚に並んでいます。ハワイ州には、白人よりも日系を含めたアジア系の人口が多く、ポリネシア系の人口も多いため、どの州と比べても異色、特殊です。このため、ハワイ限定のアメリカ・ブランドが少なくないようです。

その典型がマクドナルドです。ハワイのマクドナルドの朝食メニューには、「スパムとスクランブルエッグとご飯」のセットがあります。マクドナルドは世界各国で「ご当地メニュー」がありますが、アメリカの小規模な州で、しかもご飯がついていることに驚きました。「サイミン」と呼ばれるハワイ版ラーメンもあります。

スターバックスは、地域によりコーヒーの嗜好が異なるため、全米を4つの地域に分け、味を微妙に変えているとマーケティングをしている人から聞いたことがあります。「コナコーヒー」があるハワイでどうしているか、今度調べてみようと思います。

ところで、本土からハワイにくると、物価の高さに驚きます。特に食料品や日用生活品が高いです。一部の果物や野菜、乳製品を除いて、ほとんどのものがロサンゼルスから運ばれるので、運送費が上乗せされています。安いはずのドンキホーテで売っている日本食もロサンゼルスの2倍近い価格で売っています。ハワイでは、できるだけローカルのものを消費する、地域限定品を探すのが良いと思います。

ハワイはきょうも曇りです。

 
[December 24, 2014]  No 01056521 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…
  • 2018.06.14 更新歴史的会談めぐる認識ギャップトランプ大統領は13日、金正恩朝鮮労働党委員長と会談したシンガポールから帰国しました。エアフォースワンがワシントン郊外のアンドリューズ空軍基地に着陸した直後、北…
  • 2018.06.13 更新米エコノミストのシナリオ、2020年景気後退経済指標でみるアメリカ経済は絶好調。失業率は18年ぶりの低水準に低下、賃金の伸びは年末までに3%に達する見込み。2018年のGDP成長率は3%近いとの予想がみら…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ