2分でわかるアメリカ

2010/08/06うまく説明出来ない最近の円高


今年4月から後半までの外国為替市場では、「ユーロ圏の債務危機が世界景気に波及する」として、ユーロはリスクが高いとして売られ、ドルと円は安全資産として買われました。

しかし、直近の相場は違った動きをしています。アメリカで弱い経済指標が発表されると、これまで安全資産とされてきたドルが、対ユーロと対円で売られるのです。  

CNBCは、「円とユーロは、それぞれ別の理由で買われている」と指摘しています。

ユーロは、ヨーロッパの銀行の健全性を審査するストレステストが終了、資本不足の銀行は予想より少なく、「ヨーロッパの銀行は意外と大丈夫」と見方が広がったことが影響しています。ただ、「ユーロは債務危機の前の状態に戻っただけ」として、ユーロの先行きに慎重な投資家、あるいはユーロに弱気な投資家も少なくありません。

一方、円高の背景は複雑です。金融危機の後FRBは、市場に資金を十分に流動させる量的緩和を実施、ドルの価値が低下しました。結果、アメリカの企業は輸出で競争力を持ち、業績の回復を助けました。ただ、日銀は、FRBよりさらに積極的に円高を阻止しようとしました。FRBは、低金利を長期間続けていますが、日銀はゼロ金利です。

では、なぜ円が高くなるのか。「中国が日本国債を買っている」「国の借金の90%以上を国内の投資家が持っている」などいくつかの理由があると説明する人が多いのですが、なんとなく納得出来ません。

ガートマン・レターで知られる投資情報会社を主宰するデニス・ガートマン氏は、「円が対ドルで上昇する理由はない理論的にも円高を説明できない」とコメントしています。

今夏の円高は、休暇でアメリカなどに旅行する人に大きなギフトとなりました。円相場がこれからどうなるのか。けさのウォール・ストリート・ジャーナルは、「95年の79円75銭を割り込むかもしれない」とする識者の見通しを掲載しています。明日6日のアメリカの雇用統計と金融政策を決める来週のFOMCが、その方向性を決めるかもしれません。その内容によっては、もっとうまく円相場を説明出来るかもしれません。

[August 05, 2010] No 010221

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…
  • 2018.10.11 更新「10月株売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)10月に入りニューヨーク株式相場が冴えません。10日の取引で下…
  • 2018.10.10 更新突然だったヘイリー大使の辞任※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領は9日、ニッキー・ヘイリー国連大使が年末に退任す…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ