2分でわかるアメリカ

2014/11/20日本とは違うApple Payは便利で簡単だった

アップルが今月から導入したアップル・ペイ(Apple Pay)をはじめてつかいました。今頃?と言われるかもしれませんが。実は、今月初めにアップル・ペイが使えるiOS 8.1をインストールしようとしたのですが、メモリー不足で出来ませんでした。1週間ほどして、使わないアプリを削除、やっとインストールできました。

しかし、その後も問題がありました。使ってみたかったのですが、アップル・ペイに対応した端末を置いてある小売店での買い物がなく、そのままにしていました。昨夜、近所のホール・フーズというオーガニック系のスーパーで使う機会がやっと訪れました。

どうだったか。非常に簡単で便利でした。パスブックにいれてあるクレジット・カードから使用したいカードを選択、指紋認証のメインボタンを押しながらiPhone6を端末にかざすだけ。「ピ」と音がしたら終了。iPhone6の画面にクレジットカードに課金された金額が表示されました。一瞬でした。

「日本では当たり前?」。しかし、日本のFeliCaと呼ばれる技術が使われた非接触型ICカードとは微妙に違います。スイカなどは、カードに入金、それがなくなるまで使用します。なくなったら、再び入金。カードを無くしたら全てを失う。カードに残った小額をそのまま使わない人が多い。

これに対し、アップル・ペイは、既に持っているクレジット・カードやデビットカードをバーチャルに使うもの。このため、入金する必要がない。仮にiPhone6が盗まれても、指紋認証ができないので、本人以外使えない。最悪、映画のように指紋が盗まれても、損害や被害額をクレジットカードの保険がカバーするので、全てを失う心配がない、などの特長があります。

もうひとつの違いは、データの記録です。日本のFeliCa方式は、決済記録が残り、企業がマーケティングなどに使います。いわゆる「ビッグデータ」です。しかし、アップル・ペイは、アップルも小売店も一切記録しません。企業目線の日本に対し、アップル・ペイはユーザーの利便性だけを追求したものです。

問題は、まだ一部の店舗でしか使えないことです。しかし、これは時間の問題。今後、全米で急速に対応端末が普及する方向です。リサーチ会社のフォレスターは、5年後の2019年までに、アメリカでの非接触型カードにより取扱高が910億ドル(約10兆6500億円)に達すると予想しています。ペイパルやGoogleも類似したサービスを提供していますが、アップル・ペイの一人勝ちになるとの予想が少なくありません。

アメリカ以外では、クレジットカードの取扱高が大きいイギリス、フランス、ドイツなどでもアップル・ペイが急速に普及しそうです。日本はどうか。現金社会で、会社が強い日本では、FeliCa方式がゆるやかに拡大するのではないかと予想します。アップル・ペイが導入されない可能性もあります。日本の「ガラパゴス化」が一段と進む可能性があります。

 
 [NOVEMBER 19, 2014]  No 01056496    

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…
  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ