2分でわかるアメリカ

2010/08/05B&Nは日本の書店の未来?


10歳の娘の好きなお店は、バーンズ・アンド・ノーブル。サンタモニカのプロムナードという商店街にある書店に、2週間に一度は行きます。ニューヨークには、ギャップとシティバンクと並び、「歩けばバーンズ・アンド・ノーブルにあたる」と言っていいほど、多くの店舗があります。バーンズ・アンド・ノーブルは世界最大の書店チェーンで、大都市から小さな町まで720店舗を全米に展開しています。

アメリカ人なら誰でも知っている有名書店チェーンが3日、会社の売却を検討していると発表しました。電子書籍に押されて店舗での販売が落ち込み、株価が低迷敵対的な買収攻勢を受けているためです

その落ち込みは、数字をみれば一目瞭然です。過去3年間の利益は、1億3580万ドルから7590万ドル、そして去年は3670万ドルに落ち込みました。利益が毎年半減しているのです。2001年に22億ドルあった時価総額は9億5000万ドルと半分以下になりました。これに対し、アマゾンの時価総額は、2001年の33億ドルから550億ドルと15倍以上になっています。

アメリカでは、本の値段が自由化されています。バーンズ・アンド・ノーブルも新刊などを割引しているのですが、アマゾンはその値段からさらに3割ほど安く売っています。書店で本を選び、アマゾンで安く買うという消費スタイルも定着しています。  

さらに、世界最大の書店にとどめを刺したのは電子ブックです。アマゾンのキンドルがヒットしたことを受けて、「ヌークと呼ばれる独自の電子書籍リーダーを発売したのですが競争が激しく伸び悩んでいます。iPadがシェアを拡大している他、Googleも近く電子書籍リーダーを発売する予定です。

バーンズ・アンド・ノーブルの身売りは時代を象徴するものです。売却で、バーンズ・アンド・ノーブルの店舗がすぐになくなるとは思いませんが、レコード店やレンタル・ビデオ店同様に、本屋の多くが閉店に追い込まれる可能性が指摘されています。日本の本屋でも同じことが起こるかもしれません。本屋好きの僕としては、ちょっと残念なのですが。

[August 04, 2010] No 010220

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ