2分でわかるアメリカ

2014/11/18ブラックフライデーの目玉

クリスマスはキリスト教徒の祝日、コロンブスデーはアメリカ大陸の発見か侵略の歴史かで主張の違いがある祝日。これに対し11月の最終週の木曜日「Thanksgiving Day(感謝祭)」は、家族、友人、知人に感謝するという単純なイベントであり、アメリカ人が最も好む祝日のひとつです。

今年の感謝祭は今月27日。そして、翌28日金曜日は、1年で最もモノが安くなるという「ブラックフライデー」です。個人的には、想像を超える混雑を過去に経験しているので、回避したいのですが、娘は洋服を買いに行きたいと言っています。

今年のブラックフライデーの目玉は何か。40%引きは当たり前、70%引きでも驚かない洋服は目玉がないというか、全てが安くなります。ハイテク商品はどうか。

リークされた量販店の広告をみると、いくつかの目玉があります。最も人気を集めそうなのがアップルの最新タブレット、iPadエア2。家電小売り最大手のベストバイで全てのモデルが100ドル(約1万1600円)引きになるほか、多くの小売店が大幅に値引きします。アップルが買収したビーツのヘッドフォン、ソロは半額以下になります。

ここ3-4年のブラックフライデーの目玉のひとつだった大型テレビもさらに安くなります。ベストバイは、パナソニックの50インチを200ドル(約2万3200円)、サムスンの4Kの55インチを900ドル(約10万4400円)で販売します。

このほか、値引きがほとんどないビデオカメラのゴープロは前のモデルのヒーロー3+が50ドル(約5800円)引きとなり、人気を集める予感がします。

ABCニュースによりますと、ブラックフライデーの前週、先週金曜日からロサンゼルス郊外のベストバイの前には、既に2人の女性が泊まり込みをしているそうです。大型テレビを半額で買うためだそうです。24時間×14日=336時間待つ価値があるかどうか。どう思いますか。

 
 [NOVEMBER 17, 2014]  No 01056494    

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.21 更新「ドクター・コッパー」示唆する危機※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)国際商品市場で代表的な非鉄金属である銅相場の下げが止まりませ…
  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ