2分でわかるアメリカ

2014/11/07テイラー・スウィフトだから出来た

アメリカのシンガーソングライター、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)さんが、ニューアルバム「1989」のプロモーションのため、今週、日本を訪問しました。テイラー・スウィフトさんのファンは「スウィフティーズ」と呼ばれます。多数のスウィフティーズやメイクなどをまねた「テイラー女子」が空港で迎えたとブログで知りました。

日本の「めざましテレビ」や「スッキリ!」に出演したようですが、テイラー・スウィフトさんはいま、アメリカのニュース番組をにぎわせています。当たり前ですが、日本に行ったからではありません。世界最大の音楽ストリーミング会社のスポティファイ(Spotify)から、最新の「1989」を含めた全アルバムを削除したことが議論を呼んでいます。テイラー・スウィフトさん自身が削除を求めたものです。

これはテイラー・スウィフトさんの挑戦状です。スウィフトさんは、今年7月にThe Wall Street Journalに寄稿、この中で「音楽は無料であるべきではない。将来はアーティストとレーベルがアルバムの価値を決めることになる」と主張しています。http://on.wsj.com/TZe1iB

背景には、若い層がアルバムを買わなくなったことがあります。ティーンエイジャーの娘は、音楽のほとんどをYouTubeで聞いていますが、アメリカでは誰もがそうしています。去年は、ケイティ・ペリーやレディ・ガガ、ビヨンセなど大物が相次いでアルバムを発表、いわゆる「当たり年」でした。しかし、アルバム全体の売上高は前年比で7%超マイナス。ニールセンのデータでは、今年上半期は前年同期比で14%のマイナスです。ナップスターが2000年に登場して以降10年で、アルバムの販売枚数は3分の1以下に減りました。減少はいまも続いています。

スウィフトさんが撤収したスポティファイは、定額制です。アーティストには、プレイされるごとに0.6セント-0.84セントが支払われます。少しでも多く稼ぎたいアーティストは、会員数が多いので、安くても条件を受け入れざるを得なくなっています。

スウィフトさんの「1989」は発売1週間で128万7000枚売れました。今年最大のヒット作であり、3アルバム連続のミリオンセラーです。スウィフトさんは、世界で最も稼ぐアーティストだと言えます。だからこそ、スポティファイに強気に対応できたという面もあると思います。

いずれにせよ、スウィフトさんの挑戦は、著作権、音楽ビジネス、芸術、そしてネット文化に絡むもので、注目に値すると考えます。

 
 [NOVEMBER 06, 2014]  No 01056487    

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ