2分でわかるアメリカ

2014/10/17飛んでイスタンブール」は間違いだった

1978年に発売された「飛んでイスタンブール」はシングルの売上が80万枚を超す大ヒット曲でした。庄野真代さんは一躍スターになりました。

作曲したのは筒美京平氏。庄野真代さん担当だった日本コロンビアのディレクターが「無国籍のイメージの曲」と依頼して出きた作品でした。作詞のちあき哲也氏は「イスタンブール」の語呂合わせを駆使しました。

「おいでイスタンブール。うらまないのがルール。だから愛したことも、ひと踊り風の藻屑。飛んでイスタンブール。光る砂漠でロール。夜だけのパラダイス」

きょう、イスタンブールに飛んできました。

利用したのはトルコ国営のターキッシュ・エアライン。今年2月から日本語表記を「トルコ航空」から変更したそうです。日本とイスタンブール間の唯一の直行便です。機内食が国際的に高い評価を得ているのですが、食事は普通に美味しかったです。アテンダントの仕事ぶりも印象に残りました。アタチュルク空港を出て、イスタンブールの新市街にあるホテルに入りました。

3回目のトルコ。タクシム広場に接するホテルの窓からボスポラス海峡が見えます。20年前に来たときは意識しなかったのですが、大都会イスタンブールには砂漠がありません。歌謡曲「飛んでイスタンブール」の歌詞は間違いだったのです。失恋をした女性の心を描いた歌で、単純に語呂合わせで使われた可能性があります。しかし、大ヒットした影響で、「イスタンブール」は、日本では抜群の知名度を持つようになりました。

高い金利や手頃な値段、そして適度のボラティリティで、トルコリラの取引が盛んだと聞きました。トルコで見たり聞いたりしたことを、いずれまとめて書きたいと思います。

 
[OCTOBER 16, 2014]  No 0105642

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ